近刊検索 デルタ

2019年6月12日発売

河出書房新社

証言「プロレス」死の真相

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
橋本真也、三沢光晴、ジャイアント馬場…プロレスファンを熱狂させたレスラー達の「死の真相」を、選手・関係者が証言。ファン必読!
著者略歴
アントニオ猪木(アントニオイノキ)
1943年生れ。本名、猪木寛至。60年、日本プロレスに入門。72年、自身の団体・新日本プロレスを旗揚げ。従来のプロレスを超える「過激なプロレス」で、伝説的存在となる。98年、現役引退。現在参議院議員。
前田 日明(マエダ アキラ)
1959年大阪府生。格闘家。空手を皮切りに、新日本プロレス、UWF、リングスCEO。HERO'S(スーパーバイザー)。The Outsider(プロデュース)。
川田 利明(カワダトシアキ)
1963年生まれ。82年全日本プロレス入団。88年の「天龍同盟」入り以降、頭角を現す。90年代に入ると、三沢光晴、小橋建太、田上明と「四天王プロレス」時代を築く。2000年の大量離脱後も全日本に残留。
丸藤 正道(マルフジナオミチ)
1979年生まれ。98年に全日本プロレスでデビュー。抜群の運動能力に基づく華麗なプロレスが魅力。2000年プロレスリング・ノアに旗揚げから参加。ノアの全タイトル戴冠。キャッチフレーズは「方舟の天才」

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

河出書房新社の既刊から
トム・フィリップス/著 禰宜田亜希/翻訳
宮部みゆき/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:加藤千博 
大蔵財務協会:河合厚 石井邦明 
労働新聞社:労働新聞社 
にじゅういち出版:奧山雅治 渡邉輝男 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。