近刊検索 デルタ

2021年12月7日発売

河出書房新社

脳科学者の母が、認知症になる

記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?
河出文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
記憶を失っていく母親の日常生活を2年半にわたり記録し、脳科学から考察。アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の能力に迫る。NHK「クローズアップ現代」など各メディアで話題!
著者略歴
恩蔵 絢子(オンゾウ アヤコ onzou ayako)
1979年神奈川県生まれ。脳科学者。専門は自意識と感情。東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程修了。茂木健一郎との共著に『化粧する脳』、翻訳書に『顔の科学』などがある。
タイトルヨミ
カナ:ノウカガクシャノハハガニンチショウニナル
ローマ字:noukagakushanohahaganinchishouninaru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

河出書房新社の既刊から
筒井康隆/著
塩見鮮一郎/著
遠野遥/著
もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:藤本有紀 NHKドラマ制作班 NHK出版 
主婦と生活社:鶴間政行 
三笠書房:清水建二 すずきひろし 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。