近刊検索 デルタ

2018年11月27日発売

河出書房新社

作家と楽しむ古典 平家物語/能・狂言/説経節/義経千本桜

作家と楽しむ古典
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
政変、災害、戦争、盛者必衰――人間の荒々しさ、滑稽さ、生きる無常さを説いた中世の古典作品を、作家たちはどう読み訳したか?
著者略歴
古川 日出男(フルカワ ヒデオ)
1966年生まれ。98年『13』で作家デビュー。『アラビアの夜の種族』で推協賞、日本SF大賞、『LOVE』で三島賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞、読売文学賞。最新作は『ミライミライ』。
岡田 利規(オカダ トシキ)
1973年生まれ。劇作家・小説家。97年、チェルフィッチュを結成。05年に『三月の5日間』で岸田戯曲賞受賞。07年に小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を発表し、大江健三郎賞受賞。
伊藤 比呂美(イトウ ヒロミ)
1955年東京生まれ。詩人。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞。『とげぬき新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞・紫式部文学賞受賞。著書に『良いおっぱい悪いおっぱい』『伊藤ふきげん製作所』『閉経記』ほか。
いしい しんじ(イシイ シンジ)
1966年大阪生まれ。小説家。03年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞受賞。著書に『ぶらんこ乗り』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』ほか多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 20号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。