近刊検索 デルタ

2019年8月8日発売

学陽書房

はじめて学ぶ地方自治法〈第2次改訂版〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
はじめて自治法を学ぶ方がその条文数の多さに圧倒されることなく、ポイントが理解できることを最優先に考えた、自治体職員のための自治法入門!
条文にありがちな言い回しは使わずに端的な表現を用いて、さらに具体例による説明を随所に取り入れた。
各項目は見開きとして、複雑な制度は図表で整理しているので、誰でも容易に自治法の全体像がつかめる。
監査制度の充実強化、内部統制の導入をはじめとする2020年施行の自治法大改正を盛り込ん最新版!
目次
第1章 自治法の全体像と自治体の基本
第2章 自治体の意思決定と直接請求制度の仕組み
第3章 地方分権改革と自治体の事務の全容
第4章 自治体法務と条例・規則のポイント
第5章 議会制度と議員
第6章 執行機関の役割と機能
第7章 自治体の財政構造
第8章 自治体の財務活動
第9章 自治体相互間の関係
第10章 補 論
著者略歴
吉田勉(ヨシダツトム yoshidatsutomu)
茨城県下館市(筑西市)出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。筑波大学大学院経営・政策学科修了。茨城県庁入庁後、友部町企画課長、企画部事業推進課課長補佐、病院局企画室長等を経て、2014 (平成26)年4 月から常磐大学総合政策学部法律行政学科准教授。専門は、地方自治論、行政法学、自治体法務論等。  著書に、『講義・地方自治法~基礎から実務まで』(八千代出版、2008 年、改訂版2013 年)、『はじめて学ぶ地方自治法』(学陽書房、2010 年、改訂版2014 年)、『自治体政策法務』(八千代出版、200 9年)〈編著〉、『自治体法務検定公式テキスト・政策法務編』(第一法規、2015 年)〈共著〉など。  自治体の現場に出かける活動としては、全国各地の自治体研修・講演のほか、茨城県総合計画審議会会長、水戸市行政評価委員会委員長、笠間市行政改革推進委員会会長、那珂市住民投票条例検討委員会委員長、取手市総合計画審議会会長などを歴任。
タイトルヨミ
カナ:ハジメテマナブチホウジチホウダイニジカイテイバン
ローマ字:hajimetemanabuchihoujichihoudainijikaiteiban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

学陽書房の既刊から
梶田叡一/著・編集 古川治/著・編集 陸奥田維彦/著・編集
市川須美子/編集 勝野正章/編集 窪田眞二/編集 今野健一/編集 中嶋哲彦/編集
本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
中西出版:玉山和夫 
日本能率協会マネジメントセンター:長瀨佑志 斉藤雄祐 
労働教育センター:労働問題研究会 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。