近刊検索 デルタ

2021年9月14日発売

共立出版

コンパイラ 原理と構造

原理と構造
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 本書は,プログラミングやコンピュータに興味を持つ者が,コンパイラの原理と構造,さらにその開発方法を基礎から理解するためのテキストである。
 コンパイラの理解は,コンピュータの原理やプログラムの実行のしくみを理解する基礎である。そこで本書では,チューリングらによって確立された計算可能性の理論と万能計算機の構築方法を基礎として,コンパイラを含むプログラミング言語処理系の構築原理とその構造を解説する。これらの理解を基に,コンパイラ実現のための主要な基盤技術を,その原理とその背後にある考え方を含め習得することを目標とする。この考え方を理解することができれば,従来難解と受け止められているLR構文解析や多相型の型推論などの技術も見通し良く習得できる。
 これらのコンパイラの原理と構造の理解に加えて,先端的言語コンパイラの開発方法を習得するために,実際に実行可能なインタープリタと抽象機械へのコンパイラを開発する。高階の関数や多相型型推論などの先端機能を含むML言語の小さなサブセットCoreMLを対象とし,ML言語の一つである「SML#」を用いてその処理系を開発する。
 これらを学び直したいエンジニアや,コンピュータやプログラミングに興味を持つ学部学生に最適な一冊である。
目次
第1章 計算とプログラミング言語
1.1 計算の原理と計算機の構造
1.2 プログラミング言語の構造と原理
1.3 プログラミング言語開発の枠組み
1.4 プログラミング言語処理系開発の課題
1.5 練習問題

第2章 SML#チュートリアル
2.1 高水準言語の役割とMLの紹介
2.2 チューリング言語インタープリタの設計と開発
2.3 分割コンパイルとコマンドの作成
2.4 練習問題

第3章 文字列の性質と文字列処理
3.1 文字列と文字列集合の性質と演算
3.2 文字列のみの構造を持つCoreML処理系
3.3 練習問題

第4章 字句解析
4.1 正規言語を用いた語彙の定義
4.2 正規言語を認識する機械
4.3 Lexによる字句解析処理の自動生成
4.4 字句解析のみを行うCoreML処理系
4.5 練習問題

第5章 構文解析
5.1 本章の内容と目的
5.2 文脈自由文法による構文構造の定義
5.3 構文解析問題
5.4 最右導出の再構築
5.5 LR構文解析の原理
5.6 定理5.1の証明とDGの構築
5.7 効率的なアルゴリズム構築戦略
5.8 構文解析表の作成
5.9 先読み文字によるアルゴリズムの改良
5.10 yaccによる構文解析処理の自動生成
5.11 構文解析のみを行うCoreML処理系
5.12 練習問題

第6章 型の解析と型推論
6.1 型と型システムの考え方
6.2 型システムの定義
6.3 型の解析
6.4 式の主要な型判定を推論するCoreML処理系
6.5 多相型の定義と解析
6.6 多相型を推論するCoreML処理系
6.7 練習問題

第7章 インタープリタ
7.1 インタープリタの構造と役割
7.2 操作的意味論の定義
7.3 再帰関数の実現
7.4 インタープリタの実装
7.5 練習問題

第8章 抽象機械へのコンパイル
8.1 コンパイラの構造
8.2 SECD機械の定義
8.3 SECD機械へのコンパイル
8.4 CoreMLコンパイラと実行時処理系の実装
8.5 練習問題
著者略歴
大堀 淳(オオホリ アツシ oohori atsushi)
タイトルヨミ
カナ:コンパイラ
ローマ字:konpaira

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

共立出版の既刊から
栗原考次/著 石岡文生/著
日本認知科学会/編集 岡部大介/著
JohnR.Anderson/著 林勇吾/翻訳
須藤彰三/監修 岡真/監修 柴田大/著
長谷山美紀/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。