近刊検索 デルタ

2022年4月15日発売

勁草書房

出版社名ヨミ:ケイソウショボウ

アフリカから始める水の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
エジプトはナイルの賜物、母なるメコン、東西交易をつないだインド洋、……、古今東西人間が水とともに歩んできた道を振り返る。

アマンズィ・アインピロ──水は命。人と水は古来互いに深く結び合っていた。前著『「未解」のアフリカ』でアフリカへのヨーロッパ史観の錯誤を看破した著者がアフリカから始める水の話。実際に見聞した水にまつわる歴史・争い事、現代に存在する世界の水問題を集め、水のすばらしさ、水の大切さ、水にまつわる交流を切々と語る。
目次
はしがき

第1章 アマンズィ・アインピロ─水は命
 1 水と人間
 2 水と動物
 3 枯れ枝のように
 コラム1 江戸時代の技術を現代に伝える紀州流の難工事

第2章 天地人─水の惑星
 1 「地球は青かった」
 2 水と神
 3 水と王
 4 水と戦争
 コラム2 肥後国の空を渡る石橋からの放水を支える高い技術力

第3章 母の愛と死─ナイルとメコン
 1 エジプトはナイルの賜物
 2 母なるメコン
 コラム3 不毛の那須野に命の水
 コラム4 南東北の荒野を美田に、さらに大都市に

第4章 海が織りなすコミュニティ─インド洋という世界
 1 水と風
 2 変わりゆく潮目
 3 運河で紡ぐ平和
 コラム5 霊峰白山からの七本の恵みの水

第5章 ニューヨークで雉を撃つ?─安全な水
 1 衣食足りて何を知るのか
 2 命を奪う水
 3 ガーナの挑戦
 4 「安全な水」とはなにか
 5 やればできる
 6 日暮れて道遠し
 コラム6 奈良と和歌山の水紛争を治めた国家プロジェクト

第6章 青い鳥─水と希望
 1 水と火と人口爆発
 2 自分たちの水をつくる─シンガポールの例
 3 自分たちで水を引く
 4 水と学校とコミュニティ
 5 水の旅の終わりに
 コラム7 さぬき発展の大動脈、香川用水

あとがき
注・参考文献
索引
著者略歴
石川 薫(イシカワ カオル ishikawa kaoru)
石川 薫(いしかわ かおる) 外務省国際社会協力部長,東大大学院客員教授,経済局長,エジプト大使,カナダ大使などを経て,現在,川村学園理事,国際教養大学客員教授,水の安全保障戦略機構執行審議会委員など。著書に『アフリカの火』(学生社,1992年),Nation Building and Development Assistance in Africa (PALGRAVE MACMILLAN, 1999),『「未解」のアフリカ』(共著,勁草書房,2018年),The Challenge of Making Cities Livable in East Asia (共著,World Scientific, Singapore, 2016),『統合ECのすべて』(編著,日本経済新聞社,1992年),など。
中村 康明(ナカムラ ヤスアキ nakamura yasuaki)
中村 康明(なかむら やすあき) 1999年農林水産省入省,在エジプト大使館経済班,香川県農政水産部土地改良課,農林水産省農村振興局,同省大臣官房国際部などを経て,現在,国土交通省水管理・国土保全局水資源部水資源計画課企画専門官(水資源開発基本計画担当)。
タイトルヨミ
カナ:アフリカカラハジメルミズノハナシ
ローマ字:afurikakarahajimerumizunohanashi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

勁草書房の既刊から
ブラッド・ロバーツ/著 村野将/解説
縣公一郎/編集 原田久/編集 横田信孝/編集
山口真美/編集 河野哲也/編集 床呂郁哉/編集
ワトキンスレポート45周年記念委員会/著 ワトキンス・レポート45周年記念委員会/著
もうすぐ発売(1週間以内)
信山社出版:佐藤裁也 
牧歌舎:飯田廣恒 
講談社:荒木あかね 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。