近刊検索 デルタ

11月30日発売予定

勁草書房

B.F.スキナー重要論文集Ⅲ 社会と文化の随伴性を設計する

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
スキナーを知る上で基本的かつ重要な実験論文と、行動分析的方法の日常生活への適用について書かれた論文を精選したシリーズ最終巻。

20世紀を代表する心理学者スキナーの哲学・思想を理解するための一冊。あえて心的用語と距離を置くことで難解になっているスキナー論文を、現代の行動分析学研究者の視点から解きほぐし、その意義を解説する。ティーチング・マシンや育児のための「スキナー箱」、動物のトレーニング方法など、実験室と実社会を架橋する試み。
目次
はじめに

第1章 学ぶことの科学と教えることの技芸
The science of learning and the art of teaching[三田地真実]

第2章 ティーチング・マシン
Teaching machines[三田地真実]

第3章 小部屋の中の赤ちゃん
Baby in a box[山岸直基]

第4章 不安についてのいくつかの量的特性
Some quantitative properties of anxiety[坂上貴之]

第5章 ロジャーズとスキナーの公開討論:人間行動の制御に関するいくつかの論点について
Some issues concerning with the control of human behavior. A symposium[八賀洋介]

第6章 行動療法のオペラントの側面
The operant side of behavior therapy[井垣竹晴]

第7章 環境の役割
The role of the environment[八賀洋介]

第8章 問題解決についてのオペラント分析
An operant analysis of problem solving[八賀洋介]

第9章 詩を“産み出す”ことについての講演
A lecture on “having” a poem[井垣竹晴]

第10章 言語行動の進化
The evolution of verbal behavior[井垣竹晴]

第11章 ハトにおける“迷信”
‘Superstition’ in the pigeon[坂上貴之]

第12章 動物に教える方法
How to teach animals.[山岸直基]

第13章 ペリカンの中のハトたち
Pigeons in a pelican[丹野貴行]

第14章 2羽のハト(Columba livia domestica)におけるシンボルを介したコミュニケーション
Symbolic communication between two pigeons (Columba livia domestica)[藤巻 峻]

第15章 ハトにおける“自己意識”
“Self-awareness” in the pigeon[藤巻 峻]

第16章 50年目の『個体の行動』
The behavior of organisms at 50[丹野貴行]

あとがき  どこまでも“今ここ”にこだわったスキナーを知る[三田地真実]
全著作リスト[藤巻 峻]
年 表[山岸直基]
索 引
著者略歴
B.F.スキナー(ビーエフスキナー biiefusukinaa)
スキナー著作刊行会(スキナーチョサクカンコウカイ sukinaachosakukankoukai)
タイトルヨミ
カナ:ビーエフスキナージュウヨウロンブンシュウサンシャカイトブンカノズイハンセイヲセッケイスル
ローマ字:biiefusukinaajuuyouronbunshuusanshakaitobunkanozuihanseiosekkeisuru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

勁草書房の既刊から
中野邦彦/著 本田正美/著
拓殖大学国際開発研究所/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。