近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1996?2020年の米中関係を俯瞰することで、2021年からの米中関係を展望する視角を提供する。

「一帯一路」による勢力圏の拡大、宣伝などの「シャープ・パワー」による攻撃、多国間機関での影響力拡大、海洋での膨張、サイバーと宇宙をめぐる米中の覇権競争の視角から、米中対立がなぜ現在のように激化しているのかを論じる。また、日本の安全保障における国連主義の限界と日米同盟のジレンマについて論じる。
目次
はしがき

第Ⅰ部 米中関係を視る視座

第1章 米中競争関係を視る眼
 第1節 本書の概要
 第2節 米中関係を視る眼:「パンダ・ハガー」でも「ドラゴン・スレイヤー」でもない視角
 第3節 独特なキーワードの事前の説明

第2章 国際関係の理論
 第1節 リアリズム
 第2節 リベラリズム
 第3節 社会構成主義(コンストラクティヴィズム)

第Ⅱ部 米中関係の動向

第3章 《9・11》以降のアメリカと中国─2001~2008年
 第1節 前史:《9・11》前の米中関係
 第2節 《9・11》後の米中関係
 第3節 胡錦濤政権期の中国外交と米中関係

第4章 内政重視に傾くアメリカと「膨張する中国」─2008~2016年
 第1節 2008~2011年 「新たな大国間関係」
 第2節 国際情勢は戦略的方向転換へ
 第3節 「姿勢を変えたアメリカ」と「譲歩しない中国」

第5章 転換期の米中関係─2016年冬~2020年
 第1節 2016年冬~2018年春 政策転換に舵を切ったアメリカ
 第2節 2018年夏~2019年 「全面的な競争」の展開へ
 第3節 2020年 新型コロナウイルス感染症の感染拡大と中国の「健康シルクロード」

第6章 民主主義vs.専制主義の攻防─2021年1~4月
 第1節 トランプ政権最終日まで続いた対中強硬策
 第2節 バイデン政権の発足と中国

第Ⅲ部 米中の戦略的競争

第7章 経済秩序再編と米中相克
 第1節 RCEP
 第2節 FTAAPへの途:誰がルールを作り、誰が主導していくのか?
 第3節 WTO
 第4節 2つのトリレンマ(3枚)

第8章 国際機関をめぐる米中攻防─国際機関は協力を実現させる制度的枠組みか?
 第1節 国際機関と「グローバル・ガバナンス」
 第2節 国連専門機関における中国の影響力拡大
 第3節 国際標準化と国際機構

第9章 サイバー空間をめぐる米中競争
 第1節 サイバー空間という「ケーブルの中の戦場」
 第2節 クラウゼヴィッツと孫子から学ぶ「戦争」と「戦術」:戦争準備の最大の目的は、戦争を戦わなくても済むようにすること
 第3節 中国の危機認識とアメリカの警戒感
 第4節 サイバー・キルチェーン

第10章 宇宙をめぐる米中覇権競争
 第1節 宇宙空間をめぐる国際法と宇宙活動についての国連の基本原則
 第2節 宇宙における米中競争と日本
 第3節 「宇宙強国」を目指す中国

第11章 海洋で「膨張する中国」とアメリカ・日本
 第1節 海洋法と国家の権利
 第2節 海洋で膨張する中国
 第3節 北極と南極への野望

終章 米中覇権競争と日本
 第1節 システムとしての安全保障体制
 第2節 レジームとしての安全保障体制
 第3節 結語

参考文献
索  引
著者略歴
三船 恵美(ミフネ エミ mifune emi)
三船 恵美(みふね えみ) 駒澤大学法学部教授(国際関係論)。平和・安全保障研究所研究委員。早稲田大学第一文学部卒業。米国ボストン大学大学院修了(MA in International Relations)。学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(政治学)。日本学術振興会特別研究員(DC 2)、中部大学国際関係学部専任講師、同助教授、駒澤大学法学部准教授を経て現職。専攻は中国の外交・国際関係論。著書に『基礎から学ぶ国際関係論』(泉文堂)、『中国外交戦略 その根底にあるもの』(講談社選書メチエ)、『米中露パワーシフトと日本』(勁草書房)、共編著に『膨張する中国の対外関係』(勁草書房)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ベイチュウハケンキョウソウトニホン
ローマ字:beichuuhakenkyousoutonihon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

勁草書房の既刊から
B.F.スキナー/著 スキナー著作刊行会/編集
ジゼル・アリミ/著 アニック・コジャン/著 井上たか子/翻訳
マイケル・スロート/著 早川正祐/翻訳 松田一郎/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。