近刊検索 デルタ

2021年11月1日発売

勁草書房

ニュースの多様性とは何か

データ分析で問い直すジャーナリズムのあり方
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
さまざまなニュースは民主主義にとって不可欠だ。ではニュースの多様性はどうやって測れるのか? それは政治にどう影響するのか?

本書は、ジャーナリズム論における「多様性」を理論的に検討し、さらに生態系における生物多様性の指標を用いてメディア環境全体での多様性を実証的に分析するものである。また、過去の国政選挙を事例に選挙報道の多様性と投票率等との関連性を実証的に検証し、報道の多様性が現実の政治に密接に結びついていることを具体的に示す。
目次
はじめに

第1章 ニュースの多様性をめぐる議論
 1 なぜニュースに多様性が求められるのか
 2 ニュースの多様化に対する懸念
 3 多様なニュースの両義性

第2章 「ニュースの多様性」という概念の多様さ
 1 ニュースの多様性とは何の多様性なのか
 2 どのようなニュースのあり方が「多様」なのか
 3 メディア環境のデザインとニュースの多様性
 4 開かれた多様性と反映する多様性

第3章 ニュースの多様性をどのように分析するか
 1 ニュースの多様性に関する分析デザイン
 2 ニュースコンテンツの多様性
 3 メディア間の差異に関する分析手法
 4 ニュースコンテンツ以外の多様性

第4章 ニュースコンテンツの多様性を測定する
 1 ニュースコンテンツをどのように分類するか
 2 テストデータを用いた分析手法の検証
 3 日本の全国紙における選挙報道の多様性
 4 Yahoo!ニュースにおける選挙報道の多様性
 5 安倍政権に関する新聞報道の多様性
 6 分析結果のまとめ

第5章 ニュースの多様性と選挙
 1 選挙報道の多様性と投票率
 2 選挙報道の多様性と政党システムの分極化
 3 選挙報道の多様性が新聞読者に及ぼす影響
 4 分析結果のまとめ 

おわりに
謝  辞
付  録
参考文献
事項索引
人名索引
著者略歴
千葉 涼(チバ リョウ chiba ryou)
千葉 涼(ちば りょう)早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了,博士(ジャーナリズム)を取得。早稲田大学現代政治経済研究所次席研究員などを経て,現在:早稲田大学政治経済学部講師。専門はジャーナリズム論,メディア論,政治コミュニケーション。主著:『熟議の効用,熟慮の効果』(勁草書房,共著),ダニエル・リフほか著『内容分析の進め方』(勁草書房,共訳)など。
タイトルヨミ
カナ:ニュースノタヨウセイトハナニカニュースノタヨウセイトハナニカ
ローマ字:nyuusunotayouseitohananikanyuusunotayouseitohananika

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

勁草書房の既刊から
B.F.スキナー/著 スキナー著作刊行会/編集
ジゼル・アリミ/著 アニック・コジャン/著 井上たか子/翻訳
マイケル・スロート/著 早川正祐/翻訳 松田一郎/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。