近刊検索 デルタ

2022年5月23日発売

勁草書房

出版社名ヨミ:ケイソウショボウ

「少女」の社会史 新装版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本教育社会学会第3回奨励賞(著者の部)受賞。近代日本における「少女」という表象の成立とその受容過程を解明する。

「少女」とは都市新中間層の女子であった。学校教育制度が「少女時代」という時間を創出し、少女雑誌がそれにイメージを与えた。「少女」という表象の歴史的変遷を、少女雑誌の内容構成と読者の受容過程から考察し、「少女」の社会的機能を解明する。従来一枚岩に捉えられていた「子ども」に、ジェンダー要素が付加される過程を描く。
目次
はしがき

序章 「少女」と都市新中間層
 1 少女研究の課題
 2 都市新中間層の女子
 3 少女雑誌

Ⅰ 「少女」の誕生とその変遷

第1章 「少女」の誕生――少女雑誌以前
 1 子ども雑誌『穎才新誌』
 2 「少年」の意味するもの
 3 ジェンダーの変容
 4 少年・少女
 5 少年少女雑誌の登場
 6 メリトクラシーとジェンダー

第2章 「少女」の身体の変遷
 1 ヴィジュアル・イメージ
 2 母親に守護される少女・勉強とスポーツをする少年――1895~1910年頃
 3 幼女ではない少女・勉強とスポーツをする少年――1910年代前半~1920年頃
 4 スポーツをする少女・軍国少年――1920年代前半~1930年代前半
 5 軍国少女・軍国少年――1930年代後半~1945年
 6 「少女」のヴィジュアル・イメージ

第3章 近代家族と「少女」
 1 家族と少女
 2 親には絶対服従――1908年12月号
 3 近代家族的な情愛に裏打ちされた孝――1915年8月号
 4 孝から近代家族的な情愛へ――1925年8月号
 5 近代家族的な情愛の下で立身出世する――1935年6月号
 6 「国家」と忠の選択――1945年2月号
 7 子どもと「少女」

第4章 「少女」の成功
 1 女性の成功とはなにか
 2 属性主義の排除――1913年頃を境にして
 3 成功の条件
 4 実現困難という装置
 5 スターの排除
 6 「成功」の異なる意味合い

Ⅱ 「少女」の受容

第5章 少女ネットワーク
 1 少女ネットワークの形成
 2 ネットワークの機能
 3 核としての清純主義・芸術主義
 4 成員の証としてのペンネーム
 5 「少女」バッシング
 6 コミュニティの解体
 7 清純主義・芸術主義

第6章 エスという親密な関係
 1 エスと文字世界
 2 『少女の友』における友情小説の流行
 3 『少女画報』の「薔薇のたより」
 4 エスとは何か
 5 対抗文化としてのエス
 6 「薔薇のたより」における裏切り
 7 エスと少女ネットワーク

終章 「子ども」のジェンダー

参考文献・資料・図版
分析雑誌一覧
あとがき
人名索引
事項索引
初出一覧
著者略歴
今田 絵里香(イマダ エリカ imada erika)
今田 絵里香(いまだ えりか) 1975年京都府生まれ。2004年京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。2006年京都大学博士(人間・環境学)。現在成蹊大学文学部教授。主著『「少年」「少女」の誕生』(ミネルヴァ書房、2019年)、『変貌する恋愛と結婚――データで読む平成』(共著、新曜社、2019年)、『趣味とジェンダー――〈手づくり〉と〈自作〉の近代』(共著、青弓社、2019年)、『男女共学の成立――受容の多様性とジェンダー』(共著、六花出版、2021年)ほか。
タイトルヨミ
カナ:ショウジョノシャカイシ シンソウバン
ローマ字:shoujonoshakaishi shinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

勁草書房の既刊から
ブラッド・ロバーツ/著 村野将/解説
縣公一郎/編集 原田久/編集 横田信孝/編集
山口真美/編集 河野哲也/編集 床呂郁哉/編集
ワトキンスレポート45周年記念委員会/著 ワトキンス・レポート45周年記念委員会/著
もうすぐ発売(1週間以内)
信山社出版:佐藤裁也 
牧歌舎:飯田廣恒 
講談社:荒木あかね 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。