近刊検索 デルタ

2020年3月28日発売

勁草書房

美容資本 なぜ人は見た目に投資するのか

なぜ人は見た目に投資するのか
シリーズ 数理・計量社会学の応用
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
なぜ人びとは内面が大切だと思っていても、見た目を意識せざるをえないのか。ハンサムや美人は、ほんとうにモテて、幸せなのか。

なぜ人は「見た目」を意識するのか──これがこの本の問いである。スキンケアやメイクといった美容活動は美容という資本への投資であり、見た目とはその結果である──これがこの本の結論となる。したがって、もしあなたが合理的な人ならば、美容に投資するべきである──これが、この本から読者へのメッセージとなる。
目次
シリーズ序文[小林盾・村上あかね・筒井淳也]
まえがき

序章 美容資本の理論と方法

第1部 美容の統計分析
 第1章 美しさに偏りはあるのか──美容資本の測定
 第2章 どのように美しさに投資するのか──美容資本への投資
 第3章 投資できれいになるのか──美容資本の蓄積
 第4章 ハンサム、美人はモテるのか──家族形成への効果
 第5章 ハンサム、美人は金持ちになるのか──地位への効果
 第6章 ハンサム、美人は幸せなのか──ウェルビーイングへの効果

第2部 美容のインタビュー分析
 第7章 美容整形はビジネスですから──キャバクラ嬢へのインタビュー
 第8章 人は見た目が100パーセント、内面も100パーセント──美容師へのインタビュー
 第9章 素肌美人を目指そう──皮膚科医へのインタビュー

終章 美しさの本質と可能性

コラム1 容姿レベルの自己評価は、他者からの評価と一致するのか
コラム2 人は見た目が何パーセントか
コラム3 これまでの美容活動、情報源、美容活動の結果
コラム4 インドネシアで容姿レベルはどう決まるのか
著者略歴
小林 盾(コバヤシ ジュン kobayashi jun)
小林 盾(こばやし じゅん)  1968年生まれ.成蹊大学文学部教授,成蹊大学社会調査研究所所長.専門:社会的不平等,ライフスタイル,数理・計量社会学.主要著作:『嗜好品の社会学:統計とインタビューからのアプローチ』(編著,東京大学出版会,2020 年),『変貌する恋愛と結婚:データで読む平成』(共編,新曜社,2019 年),Contemporary Japanese Sociology(共編,Sage,2017 年),『ライフスタイルの社会学:データからみる日本社会の多様な格差』(東京大学出版会,2017年),『アクティブ・ラーニング入門:すぐ使える中学校からの17メソッド』(ハーベスト社,2016年).
タイトルヨミ
カナ:ビヨウシホン
ローマ字:biyoushihon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

勁草書房の既刊から
鈴木貴之/編集
川名晋史/著
多賀秀敏/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 
コロナ社:向井智彦 川地克明 三宅陽一郎 
日経BP:小笠原種高 桐島諾子 オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 ほか
ガイアブックス:スヴェン・クルーゼ ヨハネス・エルメル 高平尚伸 長谷川早苗 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。