近刊検索 デルタ

2021年10月29日発売

勁草書房

サイバーパンク・アメリカ 増補新版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
サイバーパンクの濃密な青春の足跡を記録する。SF史に燦然と輝く伝説、33年を経ての増補新装。作家、作品、時代が語る様をみよ。

日米友好基金賞(アメリカ文学部門)受賞。サイバーパンク・ムーヴメントの生成から発展的解消までを、インタビューや会見記、著者自身のサイバーパンクへの参加など徹底したフィールドワークを行うことで、ありありと描き出し、時代の雰囲気までも閉じ込めた第一級のドキュメント。W.ギブスン、B.スターリングとの対談を増補。
目次
はじめに

序 サイバーパンク・グラフィティ
1 おれたちはポップ・スターだ!──ブルース・スターリング
2 ある女王の伝説──エレン・ダトロウ
3 サイバーパンクと呼ばないで──ウィリアム・ギブスン
4 ポスト・ニューウェーヴの岸辺に──チャールズ・プラット
5 鏡眼鏡綺譚──スティーヴ・ブラウン
6 ミラーシェードの洗者ヨハネ──ジョン・シャーリイ
7 メガロポリスは、黄昏──ロブ・ハーディン
8 あなたもアメリカSFが書ける──ルイス・シャイナー
9 黄金時代よ永遠に──デイヴィッド・ハートウェル 
10 サイボーグ・フェミニズム宣言──サミュエル・ディレイニー
11 世紀末効果──ラリイ・マキャフリイ

あとがき
ボヘミアン・ラプソディ電脳篇──増補新版へのあとがき

二〇二一年版補章①
 対談 見慣れた風景の満ちた日本で──映画や新作を語る  ウィリアム・ギブスンVS巽孝之
二〇二一年版補章②
 対談 SFをゆり動かす──テクノロジーを批判する自分たち自身がすでにテクノロジーの産物なのだ ブルース・スターリングVS巽孝之 
 サイバーパンク年表
 サイバーパンク書誌目録
 インデックス

初出一覧
著者紹介
著者略歴
巽 孝之(タツミ タカユキ tatsumi takayuki)
巽 孝之(たつみ たかゆき)1955年東京生まれ。1987年、コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。1989年より、慶應義塾大学文学部英米文学専攻助教授、1997年より教授。2021年に同名誉教授。アメリカ文学思想史・批評理論専攻。代表的著書に『サイバーパンク・アメリカ』(勁草書房、1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞)、『ニュー・アメリカニズム』(青土社、1995年度福沢賞;増補新版 2005年、増補決定版 2019年)、『メタファーはなぜ殺される』(松柏社、2000年)、『「2001年宇宙の旅」講義』(平凡社、2001年)、『リンカーンの世紀』(青土社、2002年、増補新版 2013年)、『モダニズムの惑星』(岩波書店、2013年)、『盗まれた廃墟』(彩流社、2016年)、『パラノイドの帝国』(大修館書店、2018年)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:サイバーパンクアメリカゾウホシンソウバン
ローマ字:saibaapankuamerikazouhoshinsouban

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

勁草書房の既刊から
B.F.スキナー/著 スキナー著作刊行会/編集
マイケル・スロート/著 早川正祐/翻訳 松田一郎/翻訳
ジゼル・アリミ/著 アニック・コジャン/著 井上たか子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。