近刊検索 デルタ

2018年2月15日発売

交通新聞社

なぜ京急は愛されるのか

“らしさ”が光る運行、車輛、サービス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
鉄道ファンや沿線住民をはじめ、多くの人から愛される京急。
SNSなどでも、その「愛」を語るコメントが、ほかの鉄道会社に比べ目立っている。
人々を惹きつけるその個性、取り組みとは何か?
本書では、会社の歴史的〝生い立ち〟をはじめ、車輌や運行など、
独自の思想で鉄道事業を展開してきた数々の事例に触れながら、京急の真髄に迫る。
目次
口絵写真(カラー) 現在の京急の電車
第1章 人々を惹きつける京急らしさ
第2章 歴史に見る京急電鉄のこだわり
第3章 信頼をつかむ柔軟な運行
第4章 高性能車輌へのこだわり
第5章 サービスに見る粋な計らい
第6章 京急はこれからも愛され続けるのか
著者略歴
佐藤良介(サトウリョウスケ)
昭和26(1951)年、神奈川県横須賀市生まれ。以来、京急沿線で暮らす。 『京浜急行 電車と駅の物語』(吉川文夫共著/多摩川新聞社)、 『京急の駅 今昔・昭和の面影』 『京急の車両』『京急電車の運転と車両探見』(JTBキャンブックス)ほか、京急電鉄をテーマとした著書多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。