近刊検索 デルタ

2022年10月4日発売

弘文堂

出版社名ヨミ:コウブンドウ

国際法哲学の復権

法哲学叢書[第Ⅱ期]
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
国際法は、法と見なされるべきなのか!? 

今日、我々が生きる「グローバルな法秩序」の要としての国際法。
「国際法は何か」という古く論争的な問いは、法固有の正統性原理と接続され、法実践のうちへと投げ返される。
グローバルな法の支配の構想を切り拓く哲学的探究の軌跡。
目次

第1章 グローバルな法秩序の中の国際法と国内法
 Ⅰ はじめに―現れつつあるグローバルな法秩序
 Ⅱ グローバルな法定立と国際法
 Ⅲ 〈法秩序のグローバルな再編成〉のもたらす危険
 Ⅳ グローバルな法の支配の対話的基礎
第2章 「国際法は法か」という問いについての問い
 Ⅰ はじめに―分析視角の設定
 Ⅱ 理念化アプローチ
 Ⅲ 現象記述アプローチ
 Ⅳ 国内法は法の典型例か
 Ⅴ 現象記述の限界
 Ⅵ 結論
第3章 国際法実践におけるグローバルな正義の追求
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 国際法定立と正義
 Ⅲ 法解釈論とグローバルな正義
 Ⅳ 規範的主張としての法実証主義
第4章 国際法の正統性
 Ⅰ 国際法の法性(legality)問題の性質
 Ⅱ 法が法であるための最低限の道徳性
 Ⅲ 国際法の正統性を論ずべき理由
 Ⅳ 国際法の正統性のいくつかの根拠
 Ⅴ 法の支配
 Ⅵ 個人基底的な〈自律の相互尊重〉原理に基づくグローバルな法の支配
 Ⅶ 国際法の正統性の諸帰結
あとがき
【日本語文献/外国語文献/公文書等/国際・外国判例/事項・人名索引】
著者略歴
郭 舜(カク シュン kaku shun)
早稲田大学法学学術院教授(2022年8月現在)
タイトルヨミ
カナ:コクサイホウテツガクノフッケン
ローマ字:kokusaihoutetsugakunofukken

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

弘文堂の既刊から
石本茂彦/編集 松尾剛行/編集 森脇章/編集 岡野寿彦/著 小野寺良文/著 角本和理/著 ほか
窪田充見/編集 大塚直/編集 手嶋豊/編集 久保野恵美子/著 泉水文雄/著 建部雅/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。