近刊検索 デルタ

2021年10月2日発売

国土社

はじめての おともだち

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
こりすのみいが遊んでいたボールをひろった、いたずらっ子のかえるくん。さて、みいは、ボールを返してもらえるのでしょうか。
こりすやかえるくんの無邪気な表情が印象的で優しい世界観をつくりあげてくれています。家庭では何でも一番に扱われていた幼児が外に出るようになると、他者との関係にぶつかります。その中で、「いやだよー、おともだちなんかじゃないもん」とケンカをしたり、「ぼくもちょこっとあそびたい」とうらやみながら、無自覚に友人関係を築いていく過程が、特徴的な擬音を使いながらリズミカルに展開していきます。園児に特有の「子育てあるある」が写実的に描かれていて、何度も読みたくなるストーリーです。
著者略歴
よこたあきこ(ヨコタアキコ yokotaakiko)
東京都生まれ。学習院大学文学部卒業。第13回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話部門大賞受賞作『ば、い、お、り、ん』(BL出版)でデビュー。『四重奏(カルテット)デイズ』(岩崎書店)で第4回児童ペン賞少年小説賞を受賞。幅広いジャンルの作品を手がける。ノンフィクションに、『聞かせて、おじいちゃん』(国土社)創作読み物に『アサギマダラの手紙』(国土社)、『手と手をぎゅっとにぎったら』(佼成出版社)、『カホのいれかわり大パニック』(岩崎書店)、絵本に『こけももむらのゆうびんやさん』(岩崎書店)など多数。一般社団法人日本児童文芸家協会理事。
みなみあきこ(ミナミアキコ minamiakiko)
東京都在住。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。子供向けの文具雑貨メーカーを経て、お茶のパッケージメーカーにデザイナーとして勤務しつつ、フリーのイラストレーターとしても活動。幼少期は山やキャンプなどに行く機会が多く、自然に親しむ。絵本作品に『こけももむらのゆうびんやさん』(岩崎書店)が初の絵本作品となる。
タイトルヨミ
カナ:ハジメテノ オトモダチ
ローマ字:hajimeteno otomodachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

国土社の既刊から
よこたあきこ/著 みなみあきこ/イラスト
ミロ・ガウラン/著 ao/イラスト 山本郁子/翻訳
辻桃子/監修 安部元気/監修 おおぎやなぎちか/著
辻桃子/監修 安部元気/監修 おおぎやなぎちか/著
柴田芳作/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。