近刊検索 デルタ

2021年7月2日発売

ごま書房新社

犬の通訳士 彼らとエネルギーで繋がる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人間通訳”のエピソードも初収録
第1章 犬たちの返答(笑いあり、涙あり、びっくり仰天ありの犬猫エピソード集)
第2章 ずっとそばにいる(ペットロスの飼い主さんに元気をもたらす、犬たちのメッセージ)
第3章 通訳ができるようになるまで(数々の不思議な体験とともに半生をつづる)
第4章 “人間通訳”はじめました【大注目!】

今回の注目は、第4章に掲載されている「ヒトの通訳」。
意識がない方、ひどい認知症の方、すでに亡くなっている方など、常識では「不可能」と言える “会話” に、心底驚かされると同時に、涙を禁じ得ない。
目次
第1章 犬たちの返答(笑いあり、涙あり、びっくり仰天ありの犬猫エピソード集)
第2章 ずっとそばにいる(ペットロスの飼い主さんに元気をもたらす、犬たちのメッセージ)
第3章 通訳ができるようになるまで(数々の不思議な体験とともに半生をつづる)
第4章 “人間通訳”はじめました【大注目!】
著者略歴
アネラ(アネラ anera)
多くの動物に囲まれて育った東京での幼少期を経て、19歳で米国へ。 ハワイで結婚と離婚を経験、シングルマザーとして2人の娘を育てる。 大手旅行会社、ホテル勤務を経て各種セラピストの資格をとり、自身のサロンを開業する。子どもたちの独立を機に、動物保護シェルターでのボランティア活動もスタート。 そこで「動物の言っていることを理解する能力」に周囲のスタッフが気づき、アニマルコミュニケーションを始める。 正確でリアルな「通訳」にはリピーターが後をたたない。
タイトルヨミ
カナ:イヌノツウヤクシ カレラトエネルギーデツナガルホウホウ
ローマ字:inunotsuuyakushi kareratoenerugiidetsunagaruhouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。