近刊検索 デルタ

2021年9月30日発売

祥伝社

ブレインテックの衝撃 ――脳×テクノロジーの最前線

祥伝社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人類の進化か終焉か?

念じるだけで意思を伝えることができる――。そんなSFのような技術が現実になりつつある。
脳科学とITを融合させた「ブレインテック」への投資が、世界各地で指数関数的に高まっているのだ。
2021年4月には、米ニューラリンクが、脳波でゲームを操るサルの実験動画を公開し世界に衝撃を与えた。
スタンフォード大学は手足が麻痺した男性の脳にデバイスを埋め込み、1分間で90文字の入力に成功している。
AIと競合していく時代に入った現在、この技術は人類の救いの手となるのか?
国内外で加速する研究の最前線から、医療やマーケティングへの応用事例、法的・倫理的な問題点までを解説する。
目次
第1章 脳と機械を融合させる
第2章 脳から心を探り操る科学の最前線
第3章 ブレインテック・ビジネスの光と影
第4章 身体性の拡張と強制的進化の未来
著者略歴
小林 雅一(コバヤシ マサカズ kobayashi masakazu)
タイトルヨミ
カナ:ブレインテックノショウゲキ ノウ×テクノロジーノサイゼンセン
ローマ字:bureintekkunoshougeki nou×tekunorojiinosaizensen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
中央公論新社:中村圭志 
アリス館:やまぐちりりこ 土屋富士夫 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。