近刊検索 デルタ

2022年7月13日発売

祥伝社

出版社名ヨミ:ショウデンシャ

やっと訪れた春に

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
男は、生きるのがどこまでも下手だ。

二人の藩主を擁する橋倉藩。
割れて当たり前の藩を割れさせぬ――
重すぎる命を課された近習目付たちの命運は。
名もなき武家と人々の生を鮮やかな筆致で映し出す。

橋倉藩の近習目付を勤める長沢圭史と団藤匠はともに齡六十七歳。本来一人の役職に二人いるのは、本家と分家から交代で藩主を出す――藩主が二人いる橋倉藩特有の事情によるものだった。だが、次期藩主の急逝を機に、百十八年に亘りつづいた藩主交代が終わりを迎えることに。これを機に、長らく二つの派閥に割れていた藩がひとつになり、橋倉藩にもようやく平和が訪れようとしていた。加齢による身体の衰えを感じていた圭史は「今なら、近習目付は一人でもなんとかなる」と、致仕願を出す。その矢先、藩の重鎮が暗殺される。いったいなぜ――隠居した身でありながらも、圭史は独自に探索をはじめるが……。
著者略歴
青山文平(アオヤマブンペイ aoyamabunpei)
1948年、神奈川県生まれ。2011年『白樫の樹の下で』で松本清張賞を受賞し、デビュー。2015年『鬼はもとより』で大藪春彦賞、2016年『つまをめとらば』で直木賞を受賞。他の著書に『半席』『遠縁の女』『跳ぶ男』『江戸染まぬ』『泳ぐ者』『底惚れ』などがある。
タイトルヨミ
カナ:ヤットオトズレタハルニ
ローマ字:yattootozuretaharuni

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

祥伝社の既刊から
養老孟司/著 小堀鴎一郎/著
斉藤詠一/著
鹿島茂/著 東浩紀/著 ブレイディみかこ/著 千葉雅也/著 ドミニク・チェン/著 宇野重規/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。