近刊検索 デルタ

2021年9月27日発売

昭文社

横浜・川崎・鎌倉スリバチの達人

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
台地と低地ばかりの東京都心に対し、台地・丘陵・山地・低地と地形がバラエティーに富む横浜や川崎。水道道という幹線道路が存在する地形に富んだ高低差と、正真正銘のくぼ地や暗渠や上水路などが散見できる都市でもあり、都心とは違った地形の面白さを、スリバチの達人たちと暗渠&水路の達人たちが共同で制作する1冊。収録地図は現代図+明治図の1エリア2図の構成。(また人気エリアの鎌倉・逗子・江の島・横須賀なども収録)。

●地元スリバチの達人たちが神奈川の凸凹地形歩きの楽しさを余さず紹介
スリバチ歩きの伝道師・皆川典久氏(東京スリバチ学会会長)と神奈川スリバチ学会の達人たちが、高低差に富んだ神奈川の凸凹地形の歩き方、おすすめのスリバチスポット、暗渠・・・をふんだんに紹介。

●県下でもとくに凸凹歩きが楽しい18エリア
1.日吉 2.下末吉 3.菊名・大倉山 4.神奈川宿 5.山手 6.野毛山・戸部 7.保土ヶ谷 8.星川 9.鶴ヶ峰 10.武蔵小杉 11.蟹ヶ谷・千年 12.溝の口 13.鎌倉中心部 14.北鎌倉 15.逗子 16.江の島 17.横須賀 18.海老名

●凸凹現代図と明治図で地形の特徴や変遷もバッチリ!
各エリアごとに地形の凸凹を表現した画期的地図と明治図付き。それぞれの地域がどんな凸凹地形になっているかがバッチリわかるうえ、同範囲の100年相当前の明治図と比較することで地域の変遷までわかります。

【監修者】
神奈川スリバチ学会
スリバチ歩きの伝道師・皆川典久氏が主宰する東京スリバチ学会の分科会。首都圏5つ目のスリバチ学会として2015年4月に設立。観光地以外の神奈川の魅力を発見すべく街歩きを行っている。
著者略歴
タイトルヨミ
カナ:ヨコハマカワサキカマクラスリバチノタツジン
ローマ字:yokohamakawasakikamakurasuribachinotatsujin

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。