近刊検索 デルタ

2021年2月5日発売

実業之日本社

文庫 彼女の恐喝

実業之日本社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
藤田宜永 最後の作品
驚愕の犯罪×心理サスペンス

屈折した愛のカタチ――
闇を持つ者たちが交錯する
心理サスペンスの極北!

奨学金を利用し、六本木のクラブで働く大学4年生、圭子。台風が襲った夜、マンションから知り合いの男が飛び出してきた。ニュースを見ると、そのマンションで殺人事件が起きたという。男が犯人? 圭子は脅迫状を送る――。秘密をもつふたりは、次第に接近する。思いが錯綜し、絡み合う珠玉のエンターテインメント。藤田宜永、ダンディズムの結晶。
解説/西上心太
カバーデザイン/町口覚 カバー写真/奥山由之
目次
プロローグ
第一章 岡野圭子の思い切り
第二章 国枝悟郎の秘密
第三章 下岡文恵の疑い
エピローグ
解説 西上心太
著者略歴
藤田 宜永(フジタ ヨシナガ fujita yoshinaga)
1950年、福井県生まれ。早稲田大学第一文学部中退後、渡仏し、エールフランスに勤める。帰国後、フランスミステリの翻訳やエッセイを手がけ、1986年『野望のラビリンス』で小説家デビュー。1995年『鋼鉄の騎士』で第48回日本推理作家協会賞、第13回日本冒険小説協会特別賞を受賞。1999年『求愛』で第6回島清恋愛文学賞、2001年には『愛の領分』で第125回直木賞、2017年には『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:カノジョノキョウカツ
ローマ字:kanojonokyoukatsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
講談社:西田幸樹 
共立出版:小池直之 
講談社:小松江里子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。