近刊検索 デルタ

2022年7月3日発売

実業之日本社

出版社名ヨミ:ジツギョウノニホンシャ

もうひとつのジェノサイド 長春の惨劇「チャーズ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
中国革命戦の裏で葬り去られた
惨劇「チャーズ」の真実を人類史に刻む――。
作家・佐藤愛子氏、推薦!
「これは、もうひとつのウクライナだ」  

いま、世界中が注目するウクライナ侵攻。
ロシアによるジェノサイドともいうべき
残虐な場面の報道を見るたび、
中国研究家の遠藤誉氏は
幾重にも重なる餓死体の上で野宿した 
幼少期の恐怖体験を思い起こす――。

******

1947年、中国共産党は
国民党軍と激しい内戦を繰り広げていた。

「長春を死城たらしめよ」

この毛沢東の指令により、
国民党が占拠する長春市は食糧封鎖され、
市民数十万人が餓死する事態へ追い込まれたのである。

かつて長春で「もうひとつのジェノサイド」=「チャーズ」
があったことを知る人は少ない。
チャーズ生存者も、もうそう多くはいない。
その数少ない生き証人の一人が著者・遠藤誉氏である。

「私には『もうひとつのジェノサイド』を
人類の歴史に刻み込む使命がある。
亡くなられた方たちはゴミくずのように捨てられ、
『チャーズ』の事実そのものが葬られていったからだ」

中国共産党が封印し続ける惨劇「チャーズ」。

「これは、もうひとつのウクライナだ」と、
あの大作家・佐藤愛子氏も激賞する
魂の実録・ノンフィクション。
著者略歴
遠藤 誉(エンドウホマレ endouhomare)
1941年中国長春市生まれ。1953年日本帰国。中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に、『ウクライナ戦争における中国の対ロシア戦略 世界はどう変わるのか』『「中国製造2025」の衝撃』(ともにPHP研究所)、『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』(ビジネス社)、『ポストコロナの米中覇権とデジタル人民元』(実業之日本社/白井一成氏との共著)、『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮社)、『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』(朝日新聞出版)、『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』(岩波書店)など多数。
タイトルヨミ
カナ:モウヒトツノジェノサイドチョウシュンノサンゲキ
ローマ字:mouhitotsunojenosaidochoushunnosangeki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

実業之日本社の既刊から
秋吉理香子/著
栗原俊雄/著
近衛龍春/著
もうすぐ発売(1週間以内)
河出書房新社:米本浩二 
SBクリエイティブ:千羽十訊 ミュシャ 
牧歌舎:飯田廣恒 
信山社出版:佐藤裁也 
KADOKAWA:七星ドミノ 縞 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。