近刊検索 デルタ

2022年3月24日発売

人文書院

出版社名ヨミ:ジンブンショイン

フロイトとの対話

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
フロイト研究の第一人者の著者が、なんと博士をあの世からよびだして、コーヒーをのみながらインタビューするというなんとも贅沢で奇想天外なフロイト入門。膨大な未発表資料や関係者への緻密な調査から、フロイトのウィーン時代や精神分析運動史の知られざる歴史的文脈が明らかにされる。

○インタビュー
1杯目 ジークムント・フロイト教授、復活す
2杯目 ナーレントウルム(患者の塔)を越えて 精神医学批判へ
3杯目 モラヴィアの子ども時代
4杯目 翻訳家フロイト
5杯目 トラブーコ葉巻を嗜んで
6杯目 ベンヴェニシュチのカウチの上で ポーランドリキュール
7杯目 骨董蒐集
8杯目 ブルック・ヤツメウナギ、うなぎ、そしてコカインを少し
9杯目 フロイトと生産性
10杯目 ストレス発散 ヒステリーをいかに治すか
11杯目 皇太子の自死と王妃殺害
12杯目 夢のはじまりが目前に迫り
目次
著者について
はしがき
登場人物

インタビュー
1杯目 ジークムント・フロイト教授、復活す
2杯目 ナーレントウルム(患者の塔)を越えて 精神医学批判へ
3杯目 モラヴィアの子ども時代
4杯目 翻訳家フロイト
5杯目 トラブーコ葉巻を嗜んで
6杯目 ベンヴェニシュチのカウチの上で ポーランドリキュール
7杯目 骨董蒐集
8杯目 ブルック・ヤツメウナギ、うなぎ、そしてコカインを少し
9杯目 フロイトと生産性
10杯目 ストレス発散 ヒステリーをいかに治すか
11杯目 皇太子の自死と王妃殺害
12杯目 夢のはじまりが目前に迫り
終わりに

謝辞
参考文献
索引
著者略歴
ブレット・カー(ブレットカー burettokaa)
○著者 ブレット・カー(Brett Kahr) タヴィストック医学・心理学研究書上級研究員、ボウルヴイ・センター心理学顧問 1997年 グラディーヴァ伝記部門賞。代表的著作に『D・W・ウィニコット:伝記から知る肖像』(1996年)、『司法心理療法と精神病理:ウィニコット的視点』(編集、2001年)、『露出症』(2001年)、『ウィニコットの遺産:乳幼児のメンタルヘルス論文集』(編集、2002年)、『性とこころ』(2007年)、『頭の中に誰が眠っているのか:性的空想の秘密世界』(2008年)、『フロイトに学ぶ人生』(2013年)、『ウィニコットとの対話』(2016年、邦訳2019年人文書院、妙木浩之/津野千文訳)がある。
森 茂起(モリシゲユキ morishigeyuki)
○訳者 森 茂起(もり・しげゆき) 1955年生まれ。京都大学教育学部大学院博士課程修了。博士(教育学) 現在、甲南大学文学部人間科学科教授。著書に『トラウマの心理学』(新水社)、『埋葬と亡霊』(編著、人文書院)、『トラウマの発見』(講談社)、『フェレンツィの時代:精神分析を駆け抜けた生涯』(人文書院)ほか。訳書にエイヴンス『想像力の深淵へ』(新曜社)、フェレンツィ『臨床日記』(みずす書房)、『精神分析への最後の貢献』(共訳、岩崎学術出版社)ほか。
タイトルヨミ
カナ:フロイトトノタイワ
ローマ字:furoitotonotaiwa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

人文書院の既刊から
サラ・アーメッド/著 飯田麻結/訳
ウェンディ・ブラウン/著 河野真太郎/訳
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。