近刊検索 デルタ

2019年12月10日発売

青春出版社

日本人なら知っておきたい美しい四季の言葉

青春文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「桜狩」「山笑う」「蚊遣火」「草いきれ」「風薫る」「虫時雨」など、日本語ならではの美しい表現を、正しい意味と使い方、言葉の成り立ちと共に紹介。
本書には、俳人に独占されている歳時記を、一般の人にも開放したい、という著者の思いもある。
昨今、テレビ番組で俳句が注目され、そこで使われる季語の美しさ・情緒に改めて感動する人も少なくない。
この絶好のタイミングで、青春新書インテリジェンス『日本人が大切にしてきた季節の言葉』を文庫化。
著者略歴
復本一郎(フクモトイチロウ fukumotoichirou)
1943年愛媛県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。静岡大学人文学部教授、神奈川大学経営学部教授を経て、神奈川大学名誉教授。専門は、近世・近代俳論史。「鬼ヶ城」の俳号で実作も行い、俳句グループ「阿」の会の代表を務める。産経新聞「テーマ川柳」選者。
タイトルヨミ
カナ:ニホンジンナラシッテオキタイウツクシイシキノコトバ
ローマ字:nihonjinnarashitteokitaiutsukushiishikinokotoba

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
朝倉書店:高原文郎 家正則 小玉英雄 高橋忠幸 
朝倉書店:高橋浩徳 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。