近刊検索 デルタ

1月9日発売予定

誠文堂新光社

ストウブで無水調理 魚介

食材の水分を使う調理法/旨みが凝縮した魚のおかず
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
専門の調理器具でないとできないと思われがちな無水調理をストウブで。
毎日食べる料理だからこそ、特別な材料を使わずいつもの材料を使って手軽で簡単においしく作りたい。
そんな願いを形にした、主菜にも副菜にもなる魚介料理を無水調理で作ります。

焼き魚、煮魚、刺身…とついついマンネリしがちな魚料理は、「魚が扱いづらい」「調理が面倒」「調理の仕方がわからない」というイメージを持たれがちですが、ストウブを使えば、それらの悩みが吹き飛ぶほど簡単な手順でおいしい一品ができ上がります。
火の通りやすい魚介類は、調理時間が短いのですぐに完成し、すぐに食べられるのもうれしい。
魚の種類を変えたり、一緒に調理する野菜を変えれば、レシピの数もレパートリーの幅もさらに広がります。

短時間で炒めたり、蒸したり、煮て調理するレシピから、焼き物、揚げ物、じっくり火を通す料理まで、毎日作り続けても飽きない料理を約80品収録しました。
本書では定番の20cmラウンドのほかに、魚調理に最適な23cmオーバルを使用しています。
もちろん、材料の量を調整すれば他のサイズの鍋でも問題なく調理ができます。
慣れてきたらレシピをアレンジして、自分好みの魚料理を作ってみてください。
旨みの凝縮した、食材そのもの味が楽しめる無水調理にきっとはまってしまうはずです。
著者略歴
大橋 由香(オオハシ ユカ oohashi yuka)
■大橋 由香(オオハシ ユカ) 料理研究家。神奈川県厚木市のカフェレストラン「はるひごはん」店主。二児の母。 企業とのレシピ開発、雑誌やWEBでのレシピ紹介、フードコーディネート、飲食店のコンサルティング、イベント講師等で活躍。月数回料理教室を開催。 主な著書は『ストウブで無水調理』『ストウブで無水調理 野菜』『ストウブで無水調理 肉』(誠文堂新光社)、『繰り返し作りたくなる!スープレシピ』『ストウブ&無水調理でおいしい!ふだんごはん」(エイ出版社)、『「ひと手間」でおいしさと幸せひろがる 今夜はごちそう煮込み』(ナツメ社)、『ストウブはじめまして』(家の光協会)など。
タイトルヨミ
カナ:ストウブデムスイチョウリ ギョカイ
ローマ字:sutoubudemusuichouri gyokai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

誠文堂新光社の既刊から
村井純/監修 佐藤雅明/監修
天文年鑑編集委員会/編集
BIOSTORY編集委員会/編集
水墨画塾編集部/編集
本日のピックアップ
同文舘出版(株):日向咲嗣 
和泉書院:横田きよこ著 
秀和システム:松浦健一郎 司ゆき 
コロナ社:渡辺晴美 今村誠 久住憲嗣 石田繁巳 大川猛 ほか
マイナビ出版:HOPBOX福井信明 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。