近刊検索 デルタ

2024年3月12日発売

誠文堂新光社

出版社名ヨミ:セイブンドウシンコウシャ

クロワッサンの発想と組み立て : 配合や材料の検証とヴィエノワズリーのアレンジレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
さまざまな素材選びや作り方への創意工夫で独自な方法論を持つ相良一公シェフの、クロワッサンを中心としたヴィエノワズリーの基礎から、さまざまな素材をどう組み合わせるか…その応用までを一挙に公開。「クロワッサンでは何のためにバターを折り込むのか?」「生地のルセットの違いがなぜ食感とボリュームに影響を与えるのか?」「1層〜36層を比較し折数による味と食感に及ぼす影響は?」…さまざまな実証を積み重ねながら、常に疑問を投げかけていく。パティシエからパン職人に転身されたシェフの特異な経歴は、洋菓子の技術も強みであり、折込生地であるクロワッサンなどのヴィエノワズリーも得意。本書では、クロワッサンを中心に、ヴィエノワズリーの作り方について、発想の方法と具体的なレシピへの起こし方を解説した研究書的な書籍です。 
著者略歴
相良 一公(サガラ カズヒロ sagara kazuhiro)
タイトルヨミ
カナ:クロワッサンノハッソウトクミタテ : ハイゴウヤザイリョウノケンショウトヴィエノワズリーノアレンジレシピ
ローマ字:kurowassannohassoutokumitate : haigouyazairyounokenshoutovienowazuriinoarenjireshipi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。