近刊検索 デルタ

2018年1月17日発売

誠文堂新光社

増補改訂版 市販薬は成分表示だけ見ればいい

専門家が教える 最新成分から漢方まで “もっと効く”薬の選び方
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
医師の処方箋なしに買うことができる市販薬は、原因や症状がはっきりしていて、急性でない症状を抑えたいときには、
薬局や薬店、ドラッグストア等で手軽に購入できて便利です。

しかし、たくさんの商品の中から自分に合った薬をきちんと選ぶことができている人は極まれであるといいます。
また、頼りにしたい店頭の薬剤師が、必ずしもあなたに合った薬を奨めてくれるとは限らないという事実も。

そもそも薬は病気を治癒するためのものではなく、不快な症状を抑えるためのもの。
自分が悩まされている症状をよく見極めて、それを抑える成分・処方が施された薬を選ぶべきです。

本書では、CMのイメージや、不勉強な薬剤師に惑わされずに自分に最適な薬を選ぶために、薬の有効成分をやさしくわかりやすく解説。
あなたと、あなたの家族を守るセルフメディケーションの一助となる一冊です。

※本書は2016年1月に刊行された『市販薬は成分表示だけ見ればいい プロが教えるCMだけではわからない“もっと効く”薬の選び方』に
加筆、修正を加えたものです。
著者略歴
岩井 浩(イワイ ヒロシ)
岩井 浩:1968年、東京生まれ。日本大学理工学部工業化学科卒業後、広告代理店に入社。営業・制作を担当。3年間の勤務後、ドラッグストアに転職。勤続5年半の間に『一般の人の漢方への不理解』を痛感し、「漢方の本を出さねば!」と出版社に転職。3年半の在職中、編集・取材業務に携わり、編集長や新雑誌の創刊なども経験。退社後はフリーランスとなり、取引先を開拓しながら仕事の基盤を築き、2006年5月30日より「阿佐ヶ谷制作所」として活動を開始。
増田 光徳(マスダ ミツノリ)
増田 光徳:北里大学薬学部卒業、薬剤師。ドラッグストア、ディスカウントストアの医薬品部門など、OTC一筋で経歴は14年。接客とともにバイヤーとして売れ筋の仕入れや商談、棚割り作成など、また現場の管理薬剤師として医薬品の業務全般に携わる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。