近刊検索 デルタ

2021年9月9日発売

誠文堂新光社

屈折望遠鏡光学入門

天文アマチュアのための
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は2005年に発行した『新版 屈折望遠鏡光学入門』の復刻版です。

光学系の研究で優れた業績を残した著者が、天文アマチュアや光学技術関係者のために、屈折望遠鏡の基本的な原理と技術について、豊富な図面を掲載しながら、一部を除き高校数学程度の力があれば理解できるように解説しています。

前半では屈折望遠鏡の歴史、望遠鏡、フィールドスコープや双眼鏡の光学の入門など、望遠鏡の光学系を学ぶための基礎的な事項を解説。
後半では、光学材料、対物レンズ、接眼鏡、カタディオプトリック系といったテーマを詳細に解説しています。

これから望遠鏡の光学を学ぼうと思っている天文ファン、学生、技術者にぜひ手に取ってもらいたい内容となっています。

■目次
1 世界史の中の屈折望遠鏡
2 レンズ光学入門
3 屈折望遠鏡の一般光学
4 地上望遠鏡、フィールドスコープ、双眼鏡
5 光学材料
6 対物レンズ
7 接眼鏡
8 カタディオプトリック系

******************************
目次
1 世界史の中の屈折望遠鏡
2 レンズ光学入門
3 屈折望遠鏡の一般光学
4 地上望遠鏡、フィールドスコープ、双眼鏡
5 光学材料
6 対物レンズ
7 接眼鏡
8 カタディオプトリック系
著者略歴
吉田 正太郎(ヨシダ ショウタロウ yoshida shoutarou)
■吉田 正太郎(ヨシダ ショウタロウ) 1934年東京帝国大学理学部天文学科卒業。 東京帝国大学、東北帝国大学を経て、1960年東北大学教授に就任し、天体測定学や応用光学などを研究。 また、1950年から仙台市天文同好会の会長を務めるなど、アマチュアの天文家としても活躍。 1976年の定年退官後は、東北大学名誉教授として後進の指導にあたるとともに、数多くの書籍を執筆し一般や青少年を対象に知識の向上に努めた。 1982年、天文知識普及、天文台施設運営指導、科学教育向上に寄与した功を評価され、仙台市市政功労者に選ばれる。 1985年に勲二等瑞宝章受章。2002年仙台市同好会名誉会長。 主な書籍に『アマチュアのための望遠鏡光学』『望遠鏡発達史』『光学機器大全』(いずれも誠文堂新光社)など著書多数。 2015年7月、永眠。
タイトルヨミ
カナ:クッセツボウエンキョウコウガクニュウモン
ローマ字:kussetsubouenkyoukougakunyuumon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

誠文堂新光社の既刊から
細川博昭/著 ものゆう/イラスト
小川仁志/監修 大城信哉/著
田口哲/著 井田齊/監修
村井純/監修 佐藤雅明/監修
天文年鑑編集委員会/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
講談社:EVILLINERECORDS 相羽紀行 百瀬祐一郎 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
さ・え・ら書房:黒川裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。