近刊検索 デルタ

2019年1月18日発売

創元社

心の援助にいかす 精神分析の治療ポイント

波長合わせと共同作業、治療実践の視点から
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
好評の《治療ポイントシリーズ》第7弾。キー概念として、言語化、抵抗、転移、逆転移、防衛に焦点を合わせ、32の事例を使いながら、精神分析から得られる「治療のエッセンス」を対話形式で解説する。特に抵抗や転移・逆転移の意味を一般心理や治療の点から徹底的に詳しく検討、わかりやすく説明した。常に治療実践を目指し、治療実践から考え、治療実践から吟味する著者が教える臨床での実践方法。
目次
False
著者略歴
平井 孝男(ヒライ タカオ)
平井孝男(ひらい たかお) 1949年、三重県上野市に生まれる。 1974年、金沢大学医学部を卒業後、大阪大学病院精神科、大阪逓信病院神経科、仏政府給費留学、榎坂病院・淀川キリスト教病院精神神経科を経て、1991年4月、平井クリニックと新大阪カウンセリングセンターを開設。 現在、平井・池上クリニック名誉院長、新大阪カウンセリングセンター長。精神科医。臨床心理士。著書『心の病いの治療ポイント』『境界例の治療ポイント』『うつ病の治療ポイント』『カウンセリングの治療ポイント』『難事例と絶望感の治療ポイント』『統合失調症の治療ポイント』(以上、創元社)、『心理療法の下ごしらえ』(星和書店)、『仏陀の癒しと心理療法』(法蔵館)、『治療精神医学』(共著、医学書院)、『精神病治療を語る』『分裂病者の社会生活支援』(以上、共著、金剛出版)、『癒しの森』(共著、創元社)、『心理療法におけるからだ』(共著、朱鷺書房)など。論文「遷延うつ病の治療」「(分裂病における)再発の治療的利用」「境界例の治療」など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

創元社の既刊から
堀寿伸/著
リサ・デロング/著 山田美明/翻訳
ダレン・ナイシュ/著 ポール・バレット/著 小林快次/監修・翻訳 久保田克博/監修・翻訳 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。