近刊検索 デルタ

2022年12月15日発売

創元社

出版社名ヨミ:ソウゲンシャ

ジオサイコロジー

聖地の層構造とこころの古層
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
思想家・文化人類学者である中沢新一氏と臨床心理学者・ユング派分析家である河合俊雄氏が日本ユング派分析家協会の研修セミナーでおこなった講演と、その後のディスカッションをまとめたもの。

中沢氏は、「人間の精神も自然が生み出したものであり、自然に包摂されている」という考えのもと、地形や歴史を調査することで人間の精神活動のきわめて深い場所の構造を探求しようと「アースダイバー」という活動を続けてきた。そして日本各地の「聖地」を調査することで得た成果を、2021年春に『アースダイバー神社編』という本にまとめ上げた。

「聖地」とされる地の特殊な自然地形、そしてその上で展開されてきた精神活動や歴史とのつながりを探ることで中沢氏に見えてきた精神の層構造は、河合氏にとっては、心理療法のなかで感覚的に捉えてきた、象徴だけでは捉えきれないこころの層のありようと、見事に符号し腑に落ちるものだという。
          *
本書は、第一部の中沢氏の講演から始まる。人類に「こころ」というもの、意識というものがどのようにして生じてきたのか、また、旧石器時代をへて新石器時代へと移り変わるなかで、人間と自然との関係はどのように変化していったのか、そしてその過程で「象徴」というものがどのようにして生まれ、神概念と結びついていったのか、など、人類の意識の誕生とその変遷を自然(=ジオ)と歴史とを絡めながら語りかける。
第二部は、河合氏の講演で、中沢氏の本『アースダイバー神社編』を分析心理学者の視点から詳しく読み解いていく。項目やテーマごとに取り上げられた内容が、こころの古層との関連やユング心理学との比較をまじえて語られるうちに、二つの学問がしだいに共鳴しはじめるのがよくわかる。
最後に第三部では、第二部の河合氏の講演内容を受けて、中沢氏が追加や補足のコメントを付し、軽妙でありながら該博な知識と考察に裏付けられたディスカッションが繰り広げられてゆく。
          *
これから二人の学者が、こころの古層について共に研究し追及してゆくことで、こころ(=精神)とは何か、人間とは何かという本質的かつ哲学的な問いに、これまでにはなかった切り口の答えが見えてくるかもしれない。そしてそこから、われわれがこれから先の時代を生き抜いてゆくための、新たな学問への地平が啓かれてゆくに違いない。
本書は、その可能性へと踏み出した第一歩ともいえるだろう。
目次
まえがき……河合俊雄

第一部 精神の起源とこころの発生……中沢新一
現象学との出会い──エリアーデからユング、ショーレム、コルバンへ
もう一つの潮流、構造主義──レヴィ=ストロース、ラカン
聖地の構造──『アースダイバー神社編』
幻の大陸スンダランドとアボリジニの宗教
アボリジニの宗教に見える二つの層
象徴文明の誕生──新石器時代
自然の制圧と象徴の意味増殖
一神教の登場──宗教の倫理化
象徴の縮減
男性像による神の現れ
近代社会の解体と宗教の衰退
歴史の解体を超えて──人間の宗教性の根源へ
「ゾクチェン」との出会い
修行を求めて
河合隼雄が求めていた宗教のあり方
こころの三層構造
こころに深層はなく、すべては表層である──『アンチ・オイディプス』の意識革命
示したいヴィジョン──日本の神道に生きる三層構造

第二部 聖地の層構造とこころの古層……河合俊雄
Ⅰ 宗教以前・象徴以前
象徴・聖地・こころの古層

三元論│第三のもの
循環と増殖
縄文と倭人(弥生)のハイブリッド
死霊との結合
胎児と未生性
Ⅱ 古層からの距離と象徴性

鏡とリフレクション
父・母・子
笑い
ミニチュア化
こころの古層と心理学理論

第三部 討論……中沢新一×河合俊雄
岩──洞窟で行われていた秘密の祭儀、人間の最も根源的な宗教体験
三元論│「第三のもの」とは何を示すのか?
「3」について──夢に現れる「3」
自然(じねん)ということ│世界の成り立ちの基本は「母と子」
循環と増殖──余剰の蓄積・拡大の果てには?
異類婚の示すもの──自然と人間世界の循環
縄文人と倭人──移動へと駆り立てたものは何か?
暴力によって抹殺するか、受け入れるか
死霊との結合──冬の祭儀の主人公は「死」
胎児と未生生──現実と未生空間の両方を抱えて生きる日本人
柱──つなぐものと分離するもの
鏡──自意識の発生、そこから世界を瞬時に対象化する
父・母・子──父の不在
老人・美女・子という三者構造
笑いの持つ意味とそのはたらき
ミニチュア化──自然をどう取り込み、扱うか
象徴操作技術のピークは中世にあり
まとめ
質疑応答

あとがき……中沢新一
著者略歴
中沢 新一(ナカザワ シンイチ nakazawa shinichi)
1950年生まれ。思想家、人類学者。東京大学大学院人文科学研究科修士課程満期退学。中央大学教授、多摩美術大学芸術人類学研究所所長、明治大学野生の科学研究所所長を経て、現在、千葉工業大学日本文化再生研究センター所長、京都大学特任教授、秋田公立美術大学客員教授。著書に『チベットのモーツァルト』『森のバロック』(講談社学術文庫)、『アースダイバー』『大阪アースダイバー』『アースダイバー東京の聖地』『アースダイバー神社編』『野生の科学』『レンマ学』(講談社)、『カイエ・ソバージュI~V』『熊楠の星の時間』(講談社選書メチエ)、『芸術人類学』(みすず書房)、『日本の大転換』(集英社新書)、『惑星の風景』(青土社)他多数。
河合 俊雄(カワイ トシオ kawai toshio)
1957年生まれ。臨床心理学者、ユング派分析家。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。Ph.D.(チューリッヒ大学、1987年)、ユング派分析家資格取得(1990年)。甲南大学助教授、京都大学大学院教育学研究科臨床教育学専攻助教授(心理臨床学講座)を経て、現在、京都大学人と社会の未来研究院教授。2018年より京都大学こころの未来研究センター長、IAAP(国際分析心理学会)会長、京都大学人と社会の未来研究院副院長などを歴任。著書に『概念の心理療法』(日本評論社)、『ユング派心理療法』『心理療法家がみた日本のこころ』(ミネルヴァ書房)、『村上春樹の「物語」』(新潮社)、『心理臨床の理論』(岩波書店)、『発達障害への心理療法的アプローチ』(創元社、編著)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ジオサイコロジー
ローマ字:jiosaikorojii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

創元社の既刊から
カート・ベイカー/著 東辻千枝子/翻訳
クリス・ペラント/著 ヘレン・ペラント/著 貴治康夫/監修・翻訳 柴山元彦/監修・翻訳 ほか
ゾラン・ニコリッチ/著 松田和也/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
光文社:大石直紀 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。