近刊検索 デルタ

2021年12月1日発売

自由国民社

産婦人科専門医が教える はじめての性教育

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆子を持つ親の必読書!
教科書にない【40の質問】に答えます

◇小中高生2万人に「性」と「生きること」を講演してきた産婦人科専門医が、実際に生徒から寄せられた「教科書に載っていない」リアルな40のギモンにやさしく答えます。
子を持つすべての親が知っておきたい、「自我の目覚め」「SEX」「妊娠」「多様な性」「性感染症」そして「生きる」ということ。
目次

(目次)
①章 性教育って何を学ぶの?
②章 女子に多い質問
③章 性の多様性について
④章 性感染症について
⑤章 性は「生きる」こと
著者略歴
仲 栄美子(ナカ エミコ naka emiko)
産婦人科専門医、女性のヘルスケアアドバイザー2001年、埼玉医科大学卒業後、同大学総合医療センター産婦人科勤務。第一線で働くやりがいを感じていたが過労によるうつ病を発症し、2008年より地元で唯一の産婦人科クリニックである現医院で働く両親のもとに戻った。主に産婦人科を中心とした地域医療に従事しており、今までに5000人以上の出産に立ち会っている。小さいころより体が弱く、7回の手術と3回瀕死の状態になったこと、うつ病時代には自殺未遂、さらに晩婚で不妊治療の経験もある。現在は里親もしている。自身の病気との闘い、それに伴って生じた挫折や自殺未遂などの経験と、患者に寄り添う医療を続けてきた体験から、10代の若い人たちに「生きるということについて」熱く語っている。日々の診療の傍ら毎年地域のほとんどの小中高校を回り、地域や県内の様々な団体より依頼を受け、これまでに10年間で約200校2万人への性教育講演活動を行っている。
タイトルヨミ
カナ:サンフジンカセンモンイガオシエルハジメテノセイキョウイク
ローマ字:sanfujinkasenmonigaoshieruhajimetenoseikyouiku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

自由国民社の既刊から
後藤恵/著
橘玲華/著
峯田昌/著 大野太郎/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。