近刊検索 デルタ

2020年10月26日発売

アルテ

ソーシャルワーカーのためのアドラー心理学

どうすればクライエントを支援することができるのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アドラー心理学はソーシャルワークの現場でどう活用されているのか?アドラー心理学による「勇気づけ」により、ソーシャルワーカーが抱える諸問題の解決策を提示する!
目次
第一章 アドラーとその軌跡 第二章 アドラー心理学によるラポール(信頼関係)の構築 第三章 目的論で関わる 第四章 自他を勇気づける 第五章 ソーシャルワーカーが目指すべきゴール
著者略歴
佐藤健陽(サトウ タケハル satou takeharu)
秋田県出身。福島大学経済学部卒業。佐藤たけはるカウンセリングオフィス代表。あがり症克服総合情報サイト主宰。社会福祉士、精神保健福祉士、シニア・アドラー・カウンセラー。麻雀店勤務、障害者就労支援の仕事を経て、2017年カウンセリングオフィス開業。アドラー心理学ライフスタイル診断をライフワークとしている。産業カウンセラー北関東支部講師、東京社会福祉士会にて高齢者安心電話相談員や自殺予防ソーシャルワーク委員会所属。
タイトルヨミ
カナ:ソーシャルワーカーノタメノアドラーシンリガク
ローマ字:soosharuwaakaanotamenoadoraashinrigaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
共立出版:小池直之 
講談社:西田幸樹 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。