近刊検索 デルタ

2021年3月15日発売

アルテ

発達支援のためのアドラー心理学

どうすれば発達障害とされる子どもを勇気づけられるのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アドラー心理学は発達障害とされる子どもをどう支援することができるのか?アドラー心理学による「勇気づけ」により発達支援の現場が抱える諸問題の解決策を提示する!この本では、あなたがどの登場人物に自分を投影させて読むかで、読み方が変わってくると思います。あなたが、支援者や心理カウンセラーであったなら、学校やその他臨床現場で出会う〝発達障害〟とされる子ども達を支援するヒントを得るでしょう。あなたが、親の立場であったなら、自分の子どもが〝発達障害〟と呼ばれるような特徴を持つ時、そんな我が子にどのように接したら良いか、その具体策を得るでしょう。先生等の教育者であったら、自分が担当するそういった子どもをどのように教育して導くか、そのヒントを得るでしょう。そして、あなたがその子本人だったら、自分と自分を取り巻く環境をとらえ直す良い機会になるでしょう。――はじめにより
目次
はじめに 序章 共同体感覚を発揮させるための勇気づけのあらまし第1章 理解する――アセスメント第2章 一緒に考える――支援・カウンセリング                                   第3章 送り出す――終結に向けて                                                第4章 発達支援とアドラー心理学おわりに 生涯発達とアドラー心理学
著者略歴
牛山 卓也(ウシヤマ タクヤ ushiyama takuya)
1982年、長野県生まれ。青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻臨床心理学コース博士前期課程修了。同大学院教育人間科学研究科心理学専攻博士後期課程中退。公認心理師、臨床心理士、臨床動作士、心理リハビリテイションスーパーバイザー、姿勢教育アドバイザー。
山口 麻美(ヤマグチ マミ yamaguchi mami)
1974年、千葉県生まれ。東京外国語大学外国語学部ドイツ語学科卒業。一般企業での勤務経験の後、青山学院大学大学院教育人間科学研究科心理学専攻臨床心理学コース博士前期課程修了。公認心理師、臨床心理士、アドラーカウンセラー。現在、東京都公立学校スクールカウンセラー、発達支援関連の特定非営利活動法人カウンセラー、スタッフ。
タイトルヨミ
カナ:ハッタツシエンノタメノアドラーシンリガク
ローマ字:hattatsushiennotamenoadoraashinrigaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。