近刊検索 デルタ

2022年12月13日発売

風詠社

出版社名ヨミ:フウエイシャ

軍服を着た法律家

映画に見る軍事法廷と日本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アメリカ映画をはじめ諸外国や邦画の中の軍事法廷で、制服を着た軍人たちが“言葉を武器”に戦う姿は見応えがある。その際、裁判制度や法律などの予備知識があれば、登場人物の心理や言動の意味がより深く分かるであろう。本書はその“攻略本”として、映画のスクリプト、現行法や昔の法令も含めて、多種の資料をもとに執筆・編纂されている。登場する映画・約50作品は以下の4項目で構成。(1)Story:いわゆる「あらすじ」で、軍事法廷を焦点に関係する予備知識や参考情報を説明。(2)Comment:作品の評価や法律の解説を試みる。(3)ふかぼり:Story、Commentで取り上げた問題をさらに掘り下げた「小ネタ」「トリビア」。(4)幕間:各項の終わりに少し寄り道して、多少専門的な話題を取り上げる。そしてエピローグでは歴史を踏まえ、将来に向けて日本の軍事法廷の憲法上の位置づけやその権限のあり方を展望。
目次
《プロローグ》前口上:映画の中の軍事法廷 《序幕》司法と軍事司法:§1 司法とは §2 アメリカの司法と軍事司法 §3 軍隊トリビア 《第1幕》軍法会議:§1 アメリカの軍法会議 §2 諸外国の軍法会議 §3 旧軍の軍法会議 《第2幕》軍事委員会:§1 アメリカの軍事委員会 §2 旧軍の軍律会議 《第3幕》 国際軍事法廷:§1 国際軍事法廷 §2 その後の国際軍事法廷の発展 《エピローグ》Back to the Future 日本に軍事法廷は必要ないのか
著者略歴
佐々木憲治(ササキケンジ sasakikenji)
タイトルヨミ
カナ:グンプクヲキタホウリツカ
ローマ字:gunpukuokitahouritsuka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
光文社:大石直紀 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。