近刊検索 デルタ

2023年12月1日発売

日本橋出版

出版社名ヨミ:ニホンバシシュッパン

The Wandering Womb 子宮の文化史 : 女性差別のルーツを探る

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
子宮は神秘的な器官である。古代エジプトやギリシャでは、「動物の中に住む小さな動 物(体内を動き回る動物)」と考えられていた。その後も、中世から近世にかけて、女性 特有の心身の異常は、ことごとく子宮に原因があるとされた。本書は、中世の魔女狩り、 近世の冷水療法、現代の超音波診断まで、具体的におもしろく論じている。そこに流れて いるのは、なぜ「男性優位・女性劣位」の思想が定着したのか、という問題意識である。 実は、この問題意識に答えるキー概念こそ「子宮」なのだ。
著者略歴
Lana Thompson(ラナ・トンプソン rana・tonpuson)
杉万俊夫(スギマントシオ sugimantoshio)
タイトルヨミ
カナ:ザワンダリングウームシキュウノブンカシ : ジョセイサベツノルーツヲサグル
ローマ字:zawandaringuuumushikyuunobunkashi : joseisabetsunoruutsuosaguru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。