近刊検索 デルタ

4月27日発売予定

淡交社

よむ・みる・掛ける 茶席の掛物 5

稽古と茶会に役立つ
淡交テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈掛物を楽しむために知っておきたい、道・学・実の要点〉
〈毎月少しずつ、楽しく「くずし字」に親しもう!〉

2020年の淡交テキストは「茶席の掛物」をテーマに、毎月1冊を刊行します。

掛物をよんでみよう(茶道資料館顧問・筒井紘一氏/茶道資料館学芸課長・橘 倫子氏)では、毎月8幅の掛物を紹介。
今月の漢字のくずし字は「竹・雨・関・清」、仮名は「な行」/名幅拝見—鑑賞の心得(茶道研究家・小田達也氏):「古筆」(懐紙を鑑賞する際の心得について、Q&Aをまじえながらわかりやすく解説した上で、二幅の名幅を誌上でゆったりと鑑賞します。)/取り合わせと掛物(髙木宗郁氏):「端午の節句」(掛物と取り合わせに寄せる亭主の思いを語るリレー連載。待合掛と本席掛のバランス、床の間との釣り合いなども紹介します)。

巻末には銘の参考になる「季節のことば、禅のことば」も付し、5月の稽古と茶会に役立つ充実の一冊をお届けします。
著者略歴
淡交社編集局(タンコウシャヘンシュウキョク tankoushahenshuukyoku)
タイトルヨミ
カナ:ヨムミルカケルチャセキノカケモノゴ
ローマ字:yomumirukakeruchasekinokakemonogo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

淡交社の既刊から
京都市文化市民局文化財保護課/監修
諸田龍美/著
本日のピックアップ
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 上月素子 大森弘子 
ミネルヴァ書房:大豆生田啓友 三谷大紀 
ミネルヴァ書房:ミネルヴァ書房編集部 
北大路書房:民秋言 安藤和彦 米谷光弘 中西利恵 大森弘子 長谷雄一 ほか
コロナ社:野村卓史 長谷部寛 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。