近刊検索 デルタ

8月28日発売予定

ダイヤモンド社

Life Kinetik(R) 脳が活性化する世界最先端の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■LifeKinetik(R)とは?
 近年の研究では、運動が脳を活性化することがわかっています。「LifeKinetik(R)」は、新しい動きを次々とすることで脳のネットワークを増やし、脳を活性化する手法です。運動にさらに脳トレ、視覚の訓練を組み合わせ、脳のさまざまなエリアを刺激して連携を高めることができます。
18か国で行われ、幼稚園、福祉施設、プロスポーツ、企業と幅広い分野で導入されるメソッドが、記憶力、集中力、運動能力、学習障害、認知症予防などに、驚くような効果を発揮。毎日10分でも、1週間にまとめて60分でいい。脳に次々と新しい課題を与えて、楽しみながら、生活の質を上げていくものです。

欧州のサッカーでは有名な能力開発法で、元ドルトムントの監督であるユルゲン・クロップ氏がきっかけで、大きく広まったようです。

サッカーはもちろん、卓球、ハンドボール、ゴルフ、バイアスロンなどの多くのアスリートがLifeKinetik(R)プログラムを採用し効果を上げ、アルペンスキーのワールドカップ・チャンピオンであるローズ・ミッターマイヤーはこのプログラムにより、驚異的な成績を収めました。

現在、トップアスリートの世界で効果を発揮した「LifeKinetik(R)」は、科学的にも証明され、教育機関では「学習能力の向上」に、高齢者施設では「認知症予防」に、ビジネスパーソンには、「ストレス軽減・メンタルヘルス向上」に役立っています。

未邦訳である「LifeKinetik(R)」は世界最先端の脳を活性化する方法です。右脳にある部位、左脳にある部位のネットワークをつなげる軽いエクササイズです。よくある脳関係の本は、「知識」が豊富ですが、本書は「知識と実践」です。とても簡単で「間違えることが正しい方法」なのです。そして、1日10分、1週間のうちに60分やればいいという驚異的なラクな脳トレなのです。
目次
第1章 Life Kinetikは、どのようにして生まれたのか?
第2章  Life Kinetikによって、運動が脳を作ることを知る
第3章 健康は脳にも重要。脳を鍛えることが健康につながる
第4章 脳の能力を理解しよう
第5章 質のいい生活を送るための要素
第6章  Life Kinetikは脳の働きそのものを鍛えていく
第7章 Life Kinetikは失敗し続けることが大事
第8章 1週間に60分やれば、脳の力はじゅうぶん鍛えられる!
第9章  LifeKinetikで生活レベルが向上する11のプロジェクト
著者略歴
ホルスト・ルッツ(ホルスト・ルッツ horusuto・ruttsu)
ホルスト・ルッツ 体育教師やトレーナー、講師として長年、運動指導を行ってきた経験を活かし、「Life Kinetik(R)(ライフキネティック)メソッド」を開発。2007年からは、そのメソッドにもとづいたトレーニングプログラムの普及に専念し、個人・教育施設・企業・競技スポーツ選手へのレッスンやコーチング、トレーナーの教育に取り組む。 クライアントには、サッカー監督のユルゲン・クロップ、アルペンスキー選手のフェリックス・ノイロイター、ボルシア・ドルトムントを始めとするブンデスリーガのサッカークラブ、ほかにもさまざまなスポーツのプロチームがいる。
繁田 香織(シゲタ カオリ shigeta kaori)
繁田 香織 翻訳家。青山学院大学文学部史学科(ドイツ史専攻)卒。ハイデルベルク大学留学後、ドイツやオーストリアにおいて、世界陸上競技選手権大会などのコーディネーターや通訳者として活動。帰国後、メディカルトリビューン社(旧:ドイツ の出版社であるアクセル・シュプリンガー社傘 下)で約20 年間、医師向け医学新聞に掲載するドイツ発の最新医学会発表や論文の選定、翻訳、校正編集を行う。現在は、幅広い分野の翻 訳に従事し、ドイツの最新医学をいち早く日本 に伝えるフリーの医学ジャーナリストとしても積極的に活動している。
タイトルヨミ
カナ:ライフキネティック ノウガカッセイカスルセカイサイセンタンノホウホウ
ローマ字:raifukinetikku nougakasseikasurusekaisaisentannohouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

ダイヤモンド社の既刊から
ジェイソン・バロン/著 関美和/翻訳 星野佳路/監修・翻訳
デロイトトーマツグループ/著
M・R・オコナー/著 大下英津子/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
金子書房:江川玟成 
技術評論社:技術評論社編集部+AYURA+稲村暢子+リブロワークス 
創元社:トニー・ジュニパー 赤羽真紀子 大河内直彦 千葉喜久枝 
誠文堂新光社:小河原晴美 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。