近刊検索 デルタ

2020年10月22日発売

ダイヤモンド社

免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
81歳現役の免疫専門医の立場で、健康長寿のために勧める食品として、野菜・食物繊維、発酵食品、骨に含まれるミネラルなどがある。体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすくとるには、スープがおすすめ。選べる60品収録。

 80歳の免疫専門医である藤田氏が健康長寿のために勧めるのは、腸の状態をよくすること。そのための食材を紹介しつつ、年をとっても、体調が悪くても、栄養を吸収しやすい形でとれるスープは、中高年にとって「飲む点滴」ともいえる必需品です。

「野菜・食物繊維スープ」「発酵スープ」「骨スープ(ボーンブロス)」を中心に免疫アップスープを計60品紹介。スープなので調理法は、材料を鍋に入れて煮るだけ。時間がないときの「1分でできるお椀にお湯を注ぐだけレシピ」から、「じっくりコトコト煮込む激うまスープ」まで、好き嫌いが多くても選べる! 毎日でも飽きない! というレシピを、読者と同年代で、親の介護も経験している人気管理栄養士・検見崎聡美氏が作ります。中高年の仲間入りをした人への新しい食習慣の提案。
目次
■1章 長寿にはスープがいい理由
81歳の藤田紘一郎が毎日飲んでいる究極の長寿スープ
免疫とは?
免役細胞は腸で作られる
腸の日和見菌を味方につけよう
・ファイトケミカルと活性酸素をやっつける!
野菜スープの材料解説
キャベツ、にんにく、玉ねぎ など。
・菌の力で腸内環境を整える!
発酵スープの材料解説
キムチ、甘酒、漬物 など
・ビタミンミネラルで腸の穴を埋める!
骨だしスープの材料解説
鶏手羽、スペアリブ、ぶりあら など。
1分でできるクイック温スープ、冷製スープ8品

■2章 野菜スープ21品
・キャベツとしらすのスープ
・なすアンチョビトマト缶スープ
・玉ねぎのカレーミルクスープ ほか

■3章 発酵スープ20品
・白菜キムチと豚肉、チンゲン菜のスープ
・納豆にんにく牛ひき肉のスープ
・梅干し青ネギ酒かすスープ ほか

■4章 骨だしスープ20品
・手羽中オクラ玉ねぎトマト缶スープ
・スペアリブにんじんねぎ昆布スープ
・ぶりあらねぎ大根スープ ほか
■材料別さくいん
著者略歴
藤田 紘一郎(フジタ コウイチロウ fujita kouichirou)
■【著者】藤田 紘一郎(ふじた・こういちろう) 東京医科歯科大学名誉教授、元人間総合科学大学教授。専門は、寄生虫学、感染免疫学、熱帯医学。最近は腸内環境に関する著書や、自身の若返り理由の著書が多い。現在81歳。「世界一受けたい授業」などテレビ出演多数。
タイトルヨミ
カナ:メンエキセンモンイガマイニチノンデイルチョウジュスープ
ローマ字:menekisenmonigamainichinondeiruchoujusuupu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
共立出版:小池直之 
KADOKAWA:平岡聡 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。