近刊検索 デルタ

2022年2月3日発売

ダイヤモンド社

出版社名ヨミ:ダイヤモンドシャ

経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2020年1月、ロッテグループ創業者の重光武雄(本名は辛格浩)氏が亡くなった。享年98。80年前、18歳で、文字通り裸一貫で来日し、日韓にまたがる巨大企業グループ「ロッテ」を築き上げた重光は、日本で最も経済的成功を収めた在日韓国人一世の経営者である。オーナー社長としての強力なリーダーシップ、鬼才的なマーケティングセンス、常に最高品質を求めた商品の差別化や競争優位戦略……。そして、巨大な財閥グループを長男と次男へ渡すために、数十年をかけて周到な準備をした重光経営とはいかなるものだったのか。『ロッテを創った男 重光武雄論』は事業継続の成功を描く評伝だが、本書は、経営者の最大の使命である事業承継&後継指名について、カリスマ経営者に仕えたロッテ元幹部などの証言と重光武雄氏ならびに日韓ロッテのグループ経営に関する膨大な資料から事業承継に関するファクトを丹念に抽出し、強固な「城」としての資本構成と組織形成が取締役会と議決権という「盲点」によって内部から崩壊しうることを「7つの教訓」としてまとめた。本書をもって、カリスマ経営者の「事業継続の成功」と「事業承継の失敗」から成る「重光武雄論」が完成する。
著者略歴
松崎隆司(マツザキタカシ matsuzakitakashi)
ジャーナリスト。エコノミスト、プレジデントなどの経済誌や総合雑誌、サンケイビジネスアイ、日刊ゲンダイなどに寄稿。著書に『ロッテを創った男 重光武雄論』(ダイヤモンド社)、『会社破綻の現場』(講談社)、『堤清二と昭和の大物』(光文社)、『闘う経営者』(実業之日本社)、『「昭和」の名経営者』(三笠書房)、共著に『韓国経済』(宝島社)など。
タイトルヨミ
カナ:ケイエイシャコウタイ ロッテソウギョウシャハナゼシッパイシタノカ
ローマ字:keieishakoutai rottesougyoushahanazeshippaishitanoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。