近刊検索 デルタ

2022年12月8日発売

ダイヤモンド社

出版社名ヨミ:ダイヤモンドシャ

個人投資家もマネできる 世界の富裕層がお金を増やしている方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
グローバル株
「最強の10銘柄」で
お金を増やせ!

じつは日本株より手堅い
「5:3:2の法則」
【必ず役立つ一生モノの投資術】

日本と海外の投資・経済を知り尽くした金融マン
待望の初著書!

米国株だけでない! 富裕層がやっている
イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スイス
インド・チリ・台湾などへの国際分散投資がわかる
【無理なくできる!完全版 運用メソッド】

●投資バランスは「保守:積極:超積極=5:3:2」
●1銘柄の投資額は資産全体の4%以内で
●資産全体の2割は現金買付余力に (詳しくは本書にて)

資産運用というと株式投資、とくに日本では日本株、近年は米国株にも熱い視線が注がれてきました。
世界的にも米国株投資が注目されてきましたが、株価の過熱感と米国の金融政策の転換によって、
お膝元の米国では“米国株一辺倒”からの脱却が進んでいます。

ならば、なにが注目されているのか?
それこそが、本書のテーマである「グローバル投資」なのです。
実際、著者の旧知のベテラン米国人アナリストも、米国外の投資ウエイトを増やしているといいます。
では、そもそもグローバル投資とは何なのか?
どうすればグローバル投資を成功させることができるのか?

本書では、グローバル投資「7つのルール」を通じて、国際分散投資の真髄を伝授します。
※本書の手法は、日本のネット証券を通じて個人投資家でも実践できます。
目次
プロローグ インフレと円安が進むいまこそ「グローバル投資」

パート1 “伸び盛りの富裕層”がグローバル投資に走るワケ
いまや日本株は“新興国株”のようなもの
「円建て」ではなく「ドル建て」資産を持つ

パート2 グローバル投資 7つのルール【基礎編】
ルール1 長期目線を持つ
100万円が2億4000万円になるのも夢ではない
ルール2 投資を分散させる
「セクター」「テーマ」「タイミング」を分散させる
ポートフォリオをリバランスする
ルール3 ピラミッド型で資産を積み上げる
1段目:保守的な投資
2段目:積極的な投資
3段目:超積極的な投資

パート3 グローバル投資 7つのルール【応用編】
ルール4 投資家の「共通言語」を理解する
「割引キャッシュフロー(DCF)法」は投資と経営の最重要事項の1つ
ルール5 理論を知って学術的な裏づけを押える
ルール6 「天」「地」「人」と3つの視点で考える
ルール7 投資手法を「高度化」する
投資手法の高度化――①オプション取引
投資手法の高度化――②トレーリングストップとDRIP
投資手法の高度化――③SPAC(特別買収目的会社)投資

パート4 「資産形成ピラミッド」で積み上げを狙う
3つの資産ゾーン別に自在にピラミッドを形成する
ステージ1 余裕資金100万円未満 ⇒ 保守的な投資のみ
ステージ2 余裕資金100万円以上500万円未満 ⇒ 保守的な投資+積極的な投資
ステージ3 余裕資金500万円以上 ⇒ 保守的な投資+積極的な投資+超積極的な投資
保守的な投資――①配当金の成長に期待する
保守的な投資――②グローバル株と米国株は半々でETFも活用
保守的な投資――③グローバル株と米国株の銘柄を絞り込む
保守的な投資――④「20/25のルール」でリバランス&リフレッシュ
積極的な投資――①コーヒー2杯分のお金を情報に使ってみる
積極的な投資――②自動翻訳でアニュアルレポートをチェック
積極的な投資――③オプション取引で保守的な投資をブーストさせる
「超積極的な投資」にチャレンジ

パート5 グローバル投資【最強の10銘柄】
今後重要になる“2大テーマ”に投資
① LVMHモエ・ヘネシー(LVMUY)
② リオ・ティント(RIO)
③ エアバス(EADSY)
④ ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)
⑤ インフォシス(INFY)
⑥ ソシエダード・キミカ・イ・ミネラ・デ・チリ(SQM)
⑦ 台湾積体電路製造(TSM)
⑧ ミュンヘン再保険(MURGY)
⑨ ジボーダン(GVDNY)
⑩ フェラーリ(RACE)

パート6 グローバル投資の作法
著者略歴
志村 暢彦(シムラノブヒコ shimuranobuhiko)
志村暢彦(しむら・のぶひこ) 1974年神奈川県生まれ。信金中央金庫、ニッセイアセットマネジメント、ニッセイシュローダーズアセットマネジメント(ロンドン)などを経て、2001年よりファンドマネージャー(グローバル株式)やトレーダーとして大手機関投資家・投資信託等の資産運用に携わり、2013年にスカイキャピタルグループを設立。国内外の運用機関をはじめ、一流投資銀行やヘッジファンド、公的機関等と幅広く連携。グローバル株式のアクティブ運用が専門。『Newsモーニングサテライト』(テレビ東京)、『おはようマーケット』(ラジオNIKKEI)、『週刊ダイヤモンド』(ダイヤモンド社)などマスコミ出演多数。Oxford Club Japanチーフ・ストラテジスト。
タイトルヨミ
カナ:コジントウシカデモマネデキル セカイノフユウソウガオカネヲフヤシテイルホウホウ
ローマ字:kojintoushikademomanedekiru sekainofuyuusougaokaneofuyashiteiruhouhou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

ダイヤモンド社の既刊から
中野ジェームズ修一/著 田畑尚吾/監修 百田ちなこ/イラスト
ジル・チャン/著 神崎朗子/翻訳
チョン・ドオン/著 藤田麗子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
講談社:講談社 杉山勝巳 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。