近刊検索 デルタ

2022年10月20日発売

大和書房

出版社名ヨミ:ダイワショボウ

未来ノート

1冊のノートで未来を変えた2人の物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ノートに書かれた「たった一つの言葉」で
人生を再生させた2人の主人公。

あなたの未来をも変える、その「たった一つの言葉」とは……?

失敗が怖くて周りの目を気にする教師、百合子。
夢が破れ、挫折感を抱えたまま生きる派遣社員、さくら。

この2人は、一冊のノートの「たった一つの言葉」がきっかけで、
人生を再生させ、未来を変えました。

もし、あなたが今、挫折を経験していたり、失敗を恐れていたり、
自分らしい生き方を探していたり……
心のどこかで、人生をあきらめたくない!と
目次
第1章 百合子の転機「隠している気持ち」を認めればラクになる
――なにをそんなに守っているの?
・「不運が連続するとき」は新しい変化の予兆 
・モヤモヤを書き出すと、気持ちが整理される 

第2章 百合子の試練「できないこと」を認めれば、道は開ける
――完璧である必要ってあるの?
・「問題」と「解決策」はセットでやってくる
・「できないこと」を認めると、相手が心を開く

第3章百合子の成長 「自分を認める」と人間関係は変わる
――一番恐れていることってなに?
・「完璧でない自分」を受け入れる人は成長する
・人は「ダメな自分」を受け入れてもらいたい
・自分を認めると「相手の気持ち」を理解できる

第4章 さくらの転機 未来を変える「過去からの招待状」
――後悔していることってなに?
・夢をあきらめた理由
・後悔していることに「未来の種」が隠されている

第5章さくらの試練 逃げるのをやめたら、人生はやり直せる
――どうして人と比べるの?
・自分を好きになれない理由はなに?
・「自分を粗末に扱う人」は物事がうまくいかない

第6章 さくらの成長 全力でやり切らないと見えない風景
――今の自分をつくっているのはなに?
・過去を否定していると、自信は持てない
・呼吸を合わせると、すべてはうまくいく
・「自分らしさ」は向こうからはやってこない

第7章 さくらの覚醒 他者と調和すると、自分の限界を超えられる
――才能が開花するために必要なことは?
・「言葉」と「心」がズレているから、悩みが消えない
・呼吸を合わせると「モノの見方」が変わる
・「見えているもの」は自分の心がつくっている

第8章 百合子の覚醒「自分を苦しめていたもの」は宝物に変わる
――答えは一つではない?
・自分を素直に出せば「未知の扉」が開く
・楽しむことで「自分らしさ」が引き出される 
・自分を解放したら、相手を尊重できる

第9章 百合子の未来 正解は、自分の歩いてきた道が教えてくれる
――「私の出した答え」を信頼するには?
・ありのままの自分を出したら「安心」の場が生まれる 
・自己開示すると、相手も本音を話してくれる
・「真の信頼」を得るには……

第10 章 さくらの未来 自分との約束を守ると、未来から応援される
――「私の居場所」を見つけるには?
・過去の自分を許したときに「人との縁」がめぐる
・自分との約束を守る「本当の人生」
著者略歴
佐藤 由美子(サトウ ユミコ satou yumiko)
タイトルヨミ
カナ:ミライノート
ローマ字:mirainooto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
講談社:鈴木ゴータ 
小学館:堂場瞬一 
講談社:西條奈加 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。