近刊検索 デルタ

2019年2月5日発売

筑摩書房

ゲノム編集の光と闇

人類の未来に何をもたらすか
ちくま新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
世界を驚愕させた「ゲノム編集ベビー」誕生の発表。生命の設計図を自在に改変する最先端の技術を基礎から解きほぐし、利益と問題点のせめぎ合いを真摯に追う。
著者略歴
青野 由利(アオノ ユリ)
科学ジャーナリスト、毎日新聞社論説室専門編集委員。東京生まれ。東京大学薬学部卒業後、毎日新聞社に入社。医学、生命科学、天文学、宇宙開発、火山などの科学分野を担当。1988-89年フルブライト客員研究員(マサチューセッツ工科大学・ナイト・サイエンス・ジャーナリズム・フェロー)、97年東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(広域科学専攻)、99-2000年ロイター・フェロー(オックスフォード大学グリーンカレッジ)。著書に『生命科学の冒険』(ちくまプリマー新書)、2010年科学ジャーナリスト賞を受賞した『インフルエンザは征圧できるのか』(新潮社)、『ノーベル賞科学者のアタマの中──物質・生命・意識研究まで』(築地書館)、『遺伝子問題とはなにか──ヒトゲノム計画から人間を問い直す』(新曜社)等。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

筑摩書房の既刊から
吉川美夫/著
生田武志/著

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。