近刊検索 デルタ

2021年7月12日発売

筑摩書房

アイヌの世界に生きる

ちくま文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アイヌの養母に育てられた開拓農民の子が大切に覚えてきた、言葉、暮らし。明治末から昭和の時代をアイヌの人々と生き抜いてきた軌跡。解説 本田優子

==
「トキさん」は1906年、十勝の入植者の子どもとして生まれ、口減らしのため、生後すぐにアイヌの家族へ養女として引き取られた。和人として生まれたが、アイヌの娘として育った彼女が、大切に覚えてきたアイヌの言葉、暮らし。明治末から大正・昭和の戦前戦後を、鋭い感覚と強い自立心でアイヌの人々と共に生き抜いてきた女性の人生を描く優れた聞き書き。
==

開拓農家に生まれ、アイヌの養母
に育てられ、暮らしと結びついた
アイヌの言葉の記憶を大切に、
激動の時代を生きた女性の人生。
著者略歴
茅辺 かのう(カヤベ カノウ kayabe kanou)
茅辺かのう(かやべ・かのう) 1924年、京都生まれ。東京女子大学卒業。1947年、京都大学文学部を中退し、上京。編集者としての仕事の傍ら、労働運動に携わる。1962年、すべてをやめ、単身北海道へ移住し、網走、帯広等で季節労働者として働く。1965年、阿寒湖畔のアイヌの観光土産物屋で働く。1973年、京都へ戻る。思想の科学研究会、京都“家の会”等の活動に参加。著書に『階級を選びなおす』(文藝春秋)があり、評伝として『ある女性の生き方―茅辺かのうをめぐって』(那須耕介他著 編集グループ〈SURE〉)がある。2007年、没。
タイトルヨミ
カナ:アイヌノセカイニイキル
ローマ字:ainunosekainiikiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

筑摩書房の既刊から
横山雅彦/著 中村佐知子/著
向田邦子/著 向田和子/編集
笹岡信裕/著・編集 羽場善明/著・編集
茅辺 かのう 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。