近刊検索 デルタ

2022年11月14日発売

筑摩書房

出版社名ヨミ:チクマショボウ

子どものことを子どもにきく

「うちの子」へのインタビュー 8年間の記録
ちくま文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者が年に1回、息子にインタビューする。3歳から10歳に成長する子どもの世界観をとらえた新鮮な試み。意表をつく受け答えは驚きと笑いの連続。

この本を読まなければ気づけなかった
必ず試したくなる
子どもの頭の中を覗く方法

小さい子がいる家庭には絶対勧めたい
知る人ぞ知る育児エッセイの名著

インタビューのコツ
・子どもだからおもしろいことを言うと期待してはいけない
・子どもだからわからないだろう、答えられないだろうと甘く見ない
・大人なりの都合のいいところに誘導しようとしない
・大人がすでに答えを知っていることをわざわざたずねない
・大人もわからないことは「わからない」という etc.
(本文208ページより)

【内容紹介】
父親が息子に年に1回インタビューをする──3歳から10歳になる子どもの成長をとらえた新鮮な試み。1年ごとに新しい価値観と言葉を獲得していく過程をこれほど豊かに切り取った記録があるだろうか。意表をつく受け答えは驚きと笑いの連続。知る人ぞ知る子育てエッセイが待望の復刊。ちくま文庫化に際し、刊行から20年以上を経て、著者と息子・隆さんの現在と当時を語る「あとがき」を収録。担当編集も4歳児と実践中。

【目次】
はじめに
Ⅰ 八年間のインタビュー
1 〈三歳の隆さん〉神を語る――一九八九年六月
2 〈四歳の隆さん〉仕事を語る――一九九〇年五月
3 〈五歳の隆さん〉迷えるときを語る――一九九一年六月
4 〈六歳の隆さん〉保育園を語る――一九九二年六月
5 〈七歳の隆さん〉お金を語る――一九九三年六月
6 〈八歳の隆さん〉スポーツを語る――一九九四年六月
7 〈九歳の隆さん〉教科書を語る――一九九五年六月
8 〈一〇歳の隆さん〉来た道をふりかえる――一九九六年七月
Ⅱ 子どもと対話する意味――インタビューをして考えたこと
1 聖地サールナートで考えたこと
2 子どもはブッダに似ている
3 子どもインタビューのすすめ
4 インタビューの勘どころ
あとがき
新潮OH!文庫版のためのあとがき
ちくま文庫のためのあとがき
目次
はじめに
Ⅰ 八年間のインタビュー
1 〈三歳の隆さん〉神を語る――一九八九年六月
2 〈四歳の隆さん〉仕事を語る――一九九〇年五月
3 〈五歳の隆さん〉迷えるときを語る――一九九一年六月
4 〈六歳の隆さん〉保育園を語る――一九九二年六月
5 〈七歳の隆さん〉お金を語る――一九九三年六月
6 〈八歳の隆さん〉スポーツを語る――一九九四年六月
7 〈九歳の隆さん〉教科書を語る――一九九五年六月
8 〈一〇歳の隆さん〉来た道をふりかえる――一九九六年七月
Ⅱ 子どもと対話する意味――インタビューをして考えたこと
1 聖地サールナートで考えたこと
2 子どもはブッダに似ている
3 子どもインタビューのすすめ
4 インタビューの勘どころ
あとがき
新潮OH!文庫版のためのあとがき
ちくま文庫のためのあとがき
著者略歴
杉山 亮(スギヤマ アキラ sugiyama akira)
杉山 亮(スギヤマ アキラ):1954年東京生まれ。1976年、都の公立保育園の第一号男性保育者として、伊豆諸島の利島保育園で働く。以後83年まで各地の保育園・幼稚園に勤務。その後、おもちゃ作家として「おもちゃいろいろ・なぞなぞ工房」を主宰し、現在は山梨県北杜市の高原で児童書の執筆およびストーリーテラー(児童文学原作者)として活動中。 主な著書に「あなたも名探偵シリーズ」(偕成社)、「青空晴之助」(フレーベル館)、「のっぺらぼう」(ポプラ社)ほか多数。
タイトルヨミ
カナ:コドモノコトヲコドモニキク
ローマ字:kodomonokotookodomonikiku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

筑摩書房の既刊から
浜本隆志/著
橋本素子/著・編集 三笠景子/著・編集
千種創一/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。