近刊検索 デルタ

2024年4月12日発売

筑摩書房

出版社名ヨミ:チクマショボウ

犯罪日誌

ちくま文庫
ちくま文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
昭和を代表するジャーナリストであり、流行作家でもあった日本文学の奇才が描く〈色〉と〈金〉をめぐる〈復讐〉をモチーフしたミステリ短篇集。

煎じ詰めれば、この世は〈色〉と〈金〉
稀代の流行作家が描く“復讐”の物語
欲望渦巻く現代社会 犯罪に手を染めた人間をリアルに サスペンスフルに 描く貴重な短篇が甦る

昭和中期の週刊誌創刊ブームの中、トップ屋(巻頭記事を担当するフリージャーナリスト)として活躍した著者は、1962年に話題となった経済小説『黒の試走車』以来、多種多様なジャンルの小説やルポルタージュを発表し人気作家となる。本書は、1960年代後半から文芸誌に発表されたサスペンス、犯罪ものを日下三蔵の編集で贈るオリジナル作品集。愛とエロスと欲望の中で繰り広げられる"復讐"の物語。
カバーデザイン welle design(坂野公一+吉田友美)
カバー装画 石松チ明
目次
海の殺戮      
有閑マダムと少年  
甘美な誘拐     
犯罪日誌      
腐爛死体の場合は  
名士劇殺人事件   
四本目の鍵     
失脚のカルテ    
湖底の賭      
編者解説 日下三蔵 
著者略歴
梶山 季之(カジヤマ トシユキ kajiyama toshiyuki)
梶山 季之(かじやま・としゆき):1930-1975年。小説家、ジャーナリスト。現在のソウルに生まれる。広島高等師範学校(現・広島大学)卒業。53年上京、国語教師、喫茶店経営などを経ながら、「新思潮」の同人となり作品を発表。58年より「週刊明星」のトップ記事を担当。59年「週刊文春」の創刊に参画。71年月刊「噂」を創刊。作家としては62年「黒の試走車」を発表後、話題作を続々刊行する。75年取材先の香港で客死。産業スパイ小説、経済小説、時代小説、風俗小説など数多くの著作を発表した。ちくま文庫では『せどり男爵数奇譚』がロングセラーになっている。
日下 三蔵(クサカ サンゾウ kusaka sanzou)
日下三蔵(くさか・さんぞう):1968年、神奈川県生まれ。SF・ミステリ評論家、アンソロジスト。ちくま文庫では山川方夫、都筑道夫、田中小実昌、結城昌治など多数の編書を手がける。
タイトルヨミ
カナ:ハンザイニッシ
ローマ字:hanzainisshi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。