近刊検索 デルタ

2024年4月10日発売

筑摩書房

出版社名ヨミ:チクマショボウ

刑の重さは何で決まるのか

ちくまプリマー新書
ちくまプリマー新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
犯罪とは何か、なぜ刑が科されるのか。ひいては、人間とは何か、責任とは何か?――刑罰とは究極の「問い」である。早稲田大学名誉教授が教える刑法学入門。

人間とは何か、責任とは何か――
刑罰とは究極の「問い」である

早稲田大学名誉教授が教える刑法学入門
「主文 被告人を懲役10年に処する」――
その根拠を考えてみたことはあるだろうか?
犯罪とは何か、なぜ刑が科されるのか。
制裁としての刑罰はどうあるべきか。
「刑法学」の考え方を丁寧に解説する。

・日常的な感性と刑法学のあいだにはギャップがある
・ルールにはさまざまなレベルと目的がある
・刑罰は「コミュニケーション」のためにある
・被告人側の事情、社会側の事情、被害者側の事情
・「犯罪」「刑罰」「責任」の新しい考え方 etc.
目次
第1章 刑法学の世界
1 なぜルールが存在するのか
2 刑罰は何を目的としているのか
3 量刑に至る「長く曲がりくねった道」

第2章 犯罪論の世界
1 犯罪とはどのような行為なのか
2 犯罪の成立はどのように判断するのか
3 犯罪の要件を吟味する
4 「わざと」と「うっかり」
5 犯罪が未完成のとき
6 犯罪に複数の者が関与するとき
7 犯罪が犯罪ではなくなるとき
8 犯罪の数の数え方

第3章 処遇論の世界
1 刑法が前提にしている人間
2 犯罪者の処遇を考える

第4章 量刑論の世界
1 刑をどの程度に科すのかという問題
2 量刑は具体的にどのように判断するのか

第5章 刑法学の新しい世界
1 「犯罪と刑罰」の新しい考え方
2 「責任」の新しい考え方
3 刑法学も変わっていく
著者略歴
高橋 則夫(タカハシ ノリオ takahashi norio)
高橋 則夫(たかはし・のりお):1951年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。早稲田大学法学部教授を経て、現在、早稲田大学名誉教授。法学博士。著書に、『刑法総論』『刑法各論』『共犯体系と共犯理論』『刑法における損害回復の思想』『修復的司法の探求』『規範論と理論刑法学』(すべて成文堂)。
タイトルヨミ
カナ:ケイノオモサハナニデキマルノカ
ローマ字:keinoomosahananidekimarunoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。