近刊検索 デルタ

2023年10月2日発売

筑摩書房

出版社名ヨミ:チクマショボウ

ヨーロッパ近代芸術論

「知性の美学」から「感性の詩学」へ
単行本
単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近代はそれまでの西欧社会のパラダイムを決定的に覆した。古代への憧憬、自然回帰、産業革命、怪奇趣味……「我々の時代の幕開け」を多面的に考察する芸術論集。
著者略歴
高階 秀爾(タカシナ シュウジ takashina shuuji)
高階秀爾(たかしな・しゅうじ):1932年、東京生まれ。東京大学教養学部卒業。1954-1959年にフランス政府招聘留学生として渡仏。東京大学教授、国立西洋美術館館長を経て、現在は倉敷の大原美術館館長。専門はルネサンス以降の西洋美術史であるが、日本美術についての造詣も深い。『想像力と幻想』、『ルネッサンスの光と闇』(芸術選奨)、『日本近代美術史論』、『ゴッホの眼』、『フランス絵画史』などの多くの著書以外に、ウィント、ケネス・クラークなどの翻訳により、美術の啓蒙に尽力している。
タイトルヨミ
カナ:ヨーロッパキンダイゲイジュツロン
ローマ字:yooroppakindaigeijutsuron

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。