近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
2018年は明治維新から150年という節目の年である。イギリスには清教徒革命、フランスにはフランス革命、アメリカには独立戦争があった。日本史上、最大の革命である明治維新について、歴史家8人が自由かつしなやかに論じていく。
目次
第1部 明治維新とは何か
 第1章 明治維新とは何か(小路田泰直)
 第2章 今日から明治維新一五〇年を考える(宮地正人)

第2部 世界史の中の明治維新
 第3章 世界史の中の明治維新(小風秀雅)
 第4章 西欧型近代国家モデルとの対峙(八ヶ代美佳)

第3部 維新の思考
 第5章 明治維新々論(田中希生)
 第6章 『夜明け前』と明治実証主義史学(平野明香里)
 第7章 山片蟠桃の無鬼論(藤野真挙)

第4部 王政復古論
 第8章 王政復古の地平(小関素明)
 補章 王政復古・覚書(小路田泰直)
著者略歴
小路田 泰直(コジタ ヤスナオ)
1954年生まれ。奈良女子大学教授・副学長。 著書に『日本近代都市史研究序説』(柏書房)、『憲政の常道―天皇の国の民主主義』(青木書店)、『日本史の思想―アジア主義と日本主義の相克』(柏書房)、『国民〈喪失〉の近代』(吉川弘文館)ほか。
田中 希生(タナカ キオ)
1976年生まれ。奈良女子大学人文科学系助教。 著書に『精神の歴史―近代日本における二つの言語論』(有志舎、2009年)。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。