近刊検索 デルタ

2018年10月5日発売

東洋館出版社

授業のユニバーサルデザイン vol.11

特集1 「深い学び」を目指す授業UD 特集2 学びの過程における困難さへの対応
授業のユニバーサルデザイン
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
特集1では、田村学氏の著書『深い学び』から、「知識の構造化」に関する部分を図解した「図解でわかる『深い学び』」、田村学氏・桂聖氏・川上康則氏による対談「多様だからこそ、学びが深まる」、桂聖氏による「うなぎのなぞを追って」、各教科での全員参加の「深い学び」の取り組みなど、全員が「わかる・できる」ための「授業UD」×「深い学び」がどのように可能かを多面的に取り上げた。
特集2では、新学習指導要領に取り入れられた「障害のある児童(生徒)への指導内容や指導方法の工夫」の記述について、考えられる多様な状態やケースを想定し、どのように子どもの学びの過程における困難に対応できるか、包括的な議論をまとめた。また、各教科等の学習指導要領解説に記載された記述を分析するとともに、考えられる多様な事例やその背景、考えられる対応などを、ケーススタディ形式でまとめた。
著者略歴
桂 聖(カツラ サトシ katsura satoshi)
筑波大学附属小学校教諭。山口県公立小学校、山口大学教育学部附属山口小学校、広島大学附属小学校、東京学芸大学附属小金井小学校教諭を経て現職。筑波大学講師兼任。日本授業UD 学会理事長、全国国語授業研究会理事、光村図書国語教科書編集委員、教師の“知恵”.net 事務局等を務める。 著書・編著に『国語授業のユニバーサルデザイン』『授業のユニバーサルデザイン入門』『論理が身につく「考える音読」の授業アイデア50』(文学/説明文)『「めあて」と「まとめ」の授業が変わる「Which 型課題」の国語授業』(以上、東洋館出版社)、『なぞらずにうまくなる 子どものひらがな練習帳』『なぞらずにうまくなる 子どものカタカナ練習帳』(以上、実務教育出版)、ほか多数。
石塚 謙二(イシヅカ ケンジ ishizuka kenji)
廣瀬 由美子(ヒロセ ユミコ hirose yumiko)
小貫 悟(コヌキ サトル konuki satoru)
日本授業UD学会(ニホンジュギョウユーディーガッカイ nihonjugyouyuudiigakkai)
タイトルヨミ
カナ:ジュギョウノユニバーサルデザイン
ローマ字:jugyounoyunibaasarudezain

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東洋館出版社の既刊から
筑波大学附属小学校算数研究部/編集
阿部利彦/著 赤坂真二/著 川上康則/著 松久眞実/著
露木和男/著
本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。