近刊検索 デルタ

2021年6月7日発売

東洋館出版社

授業革命

「発問-応答」型から「参加-構成」型へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「授業に発問は、それほど重要ではない。発問がなくても授業は成立する」と言ったら、

読者の方々はどのように思われるだろうか。



教師の「発問」とそれに対する子どもの「応答」で展開していく授業を「発問−応答」型の授業と呼ぶ。

この型の授業で参観日や研究授業を行い、用意していた発問に子どもたちが反応せず、反応しないからさらに発問し、

どんどん教室の空気が重くなる、そんな経験をした教師も少なくないはずである。

そこには、発問のたたみかけの問題がある。

それ以外にも、子どもの主体性や子ども同士の対話など、いくつか問題を孕んでいる。



本書では、それに代わる授業として、「参加−構成」型の授業を提案する。

「参加−構成」型がどのような授業であるのか、「発問—応答」型と何が違うのか、

どのような考え方や具体的な手立てが必要なのかを詳解している。



まず、第一章では、「発問−応答」型からの脱却について、「発問−応答」型の授業を考察する。

授業の実際や問題点についてまとめた。そして、それに代わるものとして「参加−構成」型の授業を提案する。



続く第二章では、「参加−構成」型の授業をつくる方法やその授業で子どもたちに身につく力をまとめている。



次に、第三章では、「参加−構成」型の授業をつくるための、単元構想についてまとめている。

ここでは、拙著「活動する国語(東洋館出版社)」で提案している「パフォーマンス単元」を、国語科だけでなく他教科に広げていく。



最後の第四章では、「参加−構成」型の授業を支える、新たな教育モデルについてまとめている。

それは、さまざまな関係性やかかわりを重視し、「学ぶこと」と「教えること」が相互に共鳴し合うようなモデルである。

そして、学力観やカリキュラム観、単元観などを提案し、さらに、評価についてもまとめている。
目次
はじめに

 「発問—応答」型からの脱却

1 「発問—応答」型の授業

(1)発問で構成される授業

(2)発問と指示

(3)「発問—応答」型の問題

2 「参加—構成」型の授業

(1)「参加—構成」型の授業とは

(2)教材との出会い

(3)対話を重視した授業



 「参加—構成」型への転換

1 「参加—構成」型の実際

(1)国語科の例

(2)算数科の例

(3)「参加—構成」型の授業へ



2 話し合いのルール

(1)意見のある子どもは立つ

(2)「はい」の早い子どもから発言する

(3)賛成意見から発言する

(4)ルールは子どもと共に



3 教師の働きかけ

(1)コーディネートの具体

(2)意図的指名

(3)ヤマ場の設定

(4)子どもの発言を受け止める



4 「参加—構成」型の授業で身につく力

(1)学習意欲の向上

(2)知識や技能の確実な習得

(3)発言力と応答力

(4)思考力



 「参加—構成」型の単元モデル

1 「自分」を中核にした単元構想

(1)「自分」から出発して「自分」にもどる

(2)「自分たち」をくぐりぬける

(3)「自分なりの考え」「自分たちの考え」「自分の考え」



2 単元主題の設定

(1)子どもが夢中になって取り組む主題

(2)単元主題の例



3 活動テーマの設定

(1)活動テーマとは

(2)設定時の留意点



 新たな教育モデル

1 「学ぶこと」と「教えること」の共鳴

(1)「学ぶこと」と「教えること」

(2)「教えること」の明確化

(3)「学ぶこと」と「教えること」が共鳴するために





2 かかわり重視の教育モデル

(1)新たな学力観

(2)新たなカリキュラム観

(3)新たな単元観



3 指導と評価の一体化

(1)評価と評定

(2)評価の問題点

(3)細分化・精緻化モデルと抽出・整理モデル

(4)単元を評価してつなぐ



おわりに



※参考文献
著者略歴
服部英雄(ハットリヒデオ hattorihideo)
タイトルヨミ
カナ:ジュギョウカクメイ
ローマ字:jugyoukakumei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東洋館出版社の既刊から
ウォーレン・クロマティ/著
めがね旦那/著
石井英真/監修 宍戸寛昌/著・編集 長瀬拓也/著・編集 豊田哲雄/著
太田正己/監修 太田正巳/著 石塚謙二/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。