近刊検索 デルタ

2017年11月10日発売

東洋経済新報社

マンキュー マクロ経済学Ⅰ入門篇(第4版)

マンキューマクロ経済学シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
マクロ経済学におけるスタンダードなロングセラー・テキストです。ビットコインについてのコラム等新しいトピックも拡充されています。

◆最新の経済状況を反映
第4版(原書第9版)では、近年のアメリカ労働市場の参加率の大幅な低下など、最新の経済状況を反映した内容が盛り込まれています。労働市場(マッチング等)等も加筆され、新しい話題はコラムとケーススタディで対応しています。

◆経済学初学者にも最適
学生、ビジネスパーソンなど、経済学初学者にも適しています。ケーススタディも、世界経済の問題、劇的な歴史上の出来事などのからもマクロ経済学の基本を学ぶことができます。巻末の要約、復習問題、応用問題も充実しています。

◆「長期→短期」のアプローチ
「長期→短期」のアプローチで、第I巻では短期分析のウエイトを大きくし、かつ開放経済モデルを重視した形で編成し、1学期間の入門コースの完結したテキストとして活用可能となっています。

最新状況を反映したマクロ経済学定番の入門テキストです。

目次
第1部 イントロダクション
 第1章 科学としてのマクロ経済学
 第2章 マクロ経済学のデータ
第2部 古典派理論:長期の経済
 第3章 国民所得:どこから来てどこへ行くのか
 第4章 貨幣システム:どのようなものでどのように機能するか
 第5章 インフレーション:原因と影響と社会的コスト
 第6章 開放経済
 第7章 失業と労働市場
第3部 景気循環理論:短期の経済
 第8章 景気変動へのイントロダクション
 第9章 総需要1:IS-LMモデルの構築
 第10章 総需要2:IS-LMモデルの応用
 第11章 開放経済再訪:マンデル=フレミング・モデルと為替相場制度
 第12章 総供給およびインフレーションと失業の短期的トレードオフ
著者略歴
N・グレゴリー・マンキュー(エヌ グレゴリー マンキュー enu guregorii mankyuu)
N・グレゴリー・マンキュー ハーバード大学経済学部教授 ハーバード大学経済学部教授.1958生まれ.1980年プリンストン大学を卒業,1984年MITで博士号を取得ののち,1987年に29歳の若さでハーバード大学教授に就任.米大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長を経て,現在に至る.  研究分野は,価格調整,消費者行動、金融市場、財政金融政策、経済成長など広範囲に及ぶ.著書はほかに『マンキュー経済学』(ミクロ編・マクロ編)など
足立 英之(アダチ ヒデユキ adachi hideyuki)
足立 英之(アダチ ヒデユキ) 神戸大学名誉教授 1940年広島県生まれ。1963年神戸大学経済学部卒業。1970年ロチェスター大学Ph.D. 現在、神戸大学名誉教授。
地主 敏樹(ヂヌシ トシキ jinushi toshiki)
地主 敏樹(ヂヌシ トシキ) 神戸大学大学院経済学研究科教授 1959年兵庫県生まれ。1981年神戸大学経済学部卒業。1989年ハーバード大学Ph.D. 現在、神戸大学大学院経済学研究科教授。
中谷 武(ナカタニ タケシ nakatani takeshi)
中谷 武(ナカタニ タケシ) 尾道市立大学学長 1948年兵庫県生まれ。1971年神戸大学経済学部卒業。1994年神戸大学経済学博士。現在、尾道市立大学学長。
柳川 隆(ヤナガワ タカシ yanagawa takashi)
柳川 隆(ヤナガワ タカシ) 神戸大学先端融合研究環教授 1959年大阪府生まれ。1984年香川大学経済学部卒業。1993年ノースカロライナ大学Ph.D. 現在、神戸大学先端融合研究環教授。
タイトルヨミ
カナ:マンキュー マクロケイザイガクイチニュウモンヘン ダイヨンハン
ローマ字:mankyuu makurokeizaigakuichinyuumonhen daiyonhan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東洋経済新報社の既刊から
N・グレゴリー・マンキュー/著 足立英之/翻訳 石川城太/翻訳 小川英治/翻訳 地主敏樹/翻訳 ほか
フランク・ラポルト=アダムスキー/著 森敦子/翻訳 澤田幸男/監修
アレックスバナヤン/著 大田黒奉之/翻訳
東洋経済新報社/著

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。